レトルトのスープ作ります! (レトルト加工用機械の資金一部支援のお願い)

最近レトルトによく関わります。
イタリアのチェチ(ひよこ豆)がほんわかじわじわ沸騰中。



チェチの本当の美味しさに開眼した方は鍋にもよりますが、
40分コトコト煮て食べてくださっている、
本当にありがたいことです。



しかしもっと多くの方においしさを知っていただきたい、と
豆の販売をコラボしていますサンスマイルの松浦社長とチェチ水煮プロジェクトを密かに立ち上げ
やっと柔らかさなど煮る加減、その他の調整が完成!
ラベルもできてあと数日で(?)販売開始となります。



アイテム名は「チェチの水煮」(ひよこ豆&煮汁ブイヨン)とし、レトルトで作りました!
チェチ水煮レトルトパック、おいしくできました、

どうぞお楽しみに!



ってかなり前置きが長くなりましたが

今回はチェチについてではなく、
スープのレトルトについてお願いのお知らせです!



このスープはただ、スープの販売だけを目的としたものではなく、
会津の有機栽培や自然栽培の生産者を増やし、循環型で未来につながる土地を福島、いや全国に増やすために



会津の人々にはもちろん、もっと広く会津の有機野菜を知っていただきたい!
という思いを「形」にしたい。
何か、シンボルになるものを作ろう!
というのがことの発端でした。



スーププロジェクトのリーダーは
私も加工開発に関わる会津自然塾の鹿野敏子さんです。



一回り違いの(年上です)私の高校の先輩でもある鹿野さんですが、
会津にこのような女性がいるとは!と私が惚れる男前な女性で、
大きな視野で物事を見、そして何がすごいってその実行力です。



私が、生産者のキズのあるトマトをみて
「もったいない!パッサータ(トマトピュレ)を作ればいい」と
軽く助言すれば、すぐやってみる!
やってみて、気に入ると、すぐ形にする!



瓶詰の仕方から私の助言からさらに発展させ、
販売までの道のりはそう時間はかからなかった。
トマトピュレの「パッサータ」は会津自然塾の人気商品になりました。



にんじんやトマトのピュレなども同じく、実行、生産しこれらも販売、
きちんと道をつけ、未来に光をともし続けている素晴らしい女性なのです!



今回、もっと手軽に、多くの方に手に取ってもらい、
且つ喜んでもらえる会津自然塾の農産物を使って作れるものって何?



私はオリーブオイル使い方講習で全国を歩きますが、
独り者の男性、女性、多忙な方、お年寄りの方、様々な方に、
すぐ食べられるもの!をつくって!という声を耳にすることが多く、
確かに。



世のなかは確実に「少ない人数」「一人」でという傾向にあり、
なにかあったらいいな、と漠然と私も独り身として思っていた矢先。



会津の有機野菜のシンボル、としてみんなで試行錯誤し、
おいしい安心安全な野菜をたっぷり食べて喜ばれるものと言ったら
ミネストローネでしょ!



となったのです。



しかも添加物・化学調味料・酵母エキスなどは不使用、
いつものアサクラ料理教室を踏まえ、基本のつくり方、
オルチョと塩だけで調味したシンプル味です。



試作を何度も経て、味は完成していますが、
それを販売するに至り、瓶詰めも考えましたが
輸送やコスト、また災害時にも利用できるとして
レトルト加工を決めました。
(同時進行でチェチの水煮のレトルトを開発中でしたので連動してレトルトとは?を勉強できました)



レトルトは
災害時など、野菜不足で困っていらっしゃる方、
東日本大震災、また熊本地震などでお困りの方の生の声を聞き、しみじみ思いました。

そういう時にも安心して食べていただけるスープに
野菜たっぷりのレトルトならより手軽で便利です。



味は野菜の味がしっかりし、それだけの味わいです。
会津自然塾のパッサータ(トマトピュレ)をたっぷり贅沢に使用、
家庭そのものの味が手軽に味わっていただけます。



今回は、今後の将来の販売のおしらせもですが、
レトルト加工機械を購入の為の一部資金100万円が不足しており、
クラウドファンディングという機能を利用してみようということになりました。



支援していただくと金額に応じたお礼もあります。

3000円

5000円

10000円

50000円

複数何口でも!ご支援いただけます!




ご支援はこちら下記のサイトからお願いします!

https://readyfor.jp/projects/shizen




まずサイト内容を見るためにご登録が必要です。



【ご登録】は

【メールアドレス入力】→【パスワード入力】→【メールにて登録の確認】→【登録完了】

いろいろ内容の支援がありますが、
『会津の有機野菜をたっぷり使った食べるスープを全国に届けたい!』を
クリックし【このプロジェクトに支援する】をお選びいただき
画面の手順に従いお手続きください!



この支援は45日間の間に目標金額に達しないと、
折角支援してくださった方に支援金が返却となり、
無効になってしまう仕組みになっています。



すでに支援開始となっており数日が経ちます。
12月5日現在 有効期限39日!



レトルト機が購入できるよう
多くの方にご支援いただけますよう、私からのお願いです!

どうぞよろしくお願い申し上げます!



長々とここまで読んでいただきましてありがとうございます!

ご協力お願い致します!
                  朝倉玲子


追記/会津の有機野菜たっぷりのミネストローネ開発と販売記念に
自然栽培で春菊栽培をされ
また中小企業診断士でもあり今年の大賞を受賞された神奈川県在住の
久保正英さんをお呼びして会津若松で記念講演をしていただきます。


2017年2月19日(日曜日)に日程が決定いたしました。


こちらも後日詳細が決まりましたらお知らせいたします。
春菊栽培に特化し独自の販路を開拓、農業とその将来についてを中小企業診断士の視線でお話をたっぷりしていただきます!


こちらも楽しみです!















スポンサーサイト

自然栽培オリーブオイル レシピ集プレゼントキャンペーン

急に寒くなってきましたね!
11月初旬にイタリアから帰り、この日が来るのを待ちわびていました。
それは何かって言うと!
レシピ集プレゼントのキャンペーンの開始をです。



イタリアでは今年も天候不順、特に夏以降の多雨で
私のオリーブオイル・アサクラオイルはゼロ(イタリアの自家用のみ)
またチェリートマトの水煮・丘ポモもゼロ!!!
大変な秋となりました~~



私は自分のオイルがない為、早々に移動、
アサクラ農園のあるアブルッツォからアックアサンタオリーブオイルの生産者のいる
ウンブリア州へ。
オリーブの収穫の手伝いと
こういう時だからこそ!オリーブの記録写真を撮ろう、



と気持ちを切り替え、アックアサンタに向かおうとした前日、
どういうわけか、普段行かない公園でウンテイ(子供の遊具)遊びをし、
自分の重みに耐えかねて、落下。



その時ウンテイのポールに左わき腹を打撲、
昔、胸部肋骨にひびが入った経験があり、またやった!
と、左脇肋骨のひび、によるけがをしてしましました。
(病院などにはいきませんでした、近くの動物病院のマルコ先生に触診しててもらっただけ)



やっとのことでアックアサンタに移動したのはいいのですが、
全く収穫の手伝いができず、安静にしている状況でした。
(っといっても直立していれば痛みは無かった)



しかしベッドの寝起きに30分かかり、
咳、くしゃみには激痛が伴い、
とんでもない痛さに参りました。



しかし!しかし!
そのおかげで一ついいことがありました!
アックアサンタのアントネッラは料理上手。



特別な材料で豪華なものを作るのではなく、
ある材料でちゃちゃっとおいしいものを作る天才。



彼女の料理は素材の味を生かす、そのものがしっかりする
滋味ある味です。



普段忙しい時は料理するのをあまり見ないのですが、
今回はこのケガのお蔭で料理の材料の調達から扱い、
そして実際の調理の細部までよく見ることができ、

「そうなのか!」

「こうやるのか!」

「なぜなのか!」

と、アントネッラにそのわけを尋ねながら、料理の深部までよく見ることができました。



そしてどれもこれもおいしいレシピは
皆さんに知らせたらきっと喜ばれるに違いない!
とレシピ集を作ることを思いつきました。



そもそも、自然栽培オリーブオイル(各250㎖)は
まだまだ認知度も低く、たっぷり使いでオルチョをお使いの方には
目に入らないようなのですが、



使い方がわかると、
料理の味が一変します。
特に「生」はどれもそれぞれにおいしい。
ウンブリア・オリーブオイルの「品のあるおいしさ」を味わうことができます。



素材の味を引き出す魔法のオイルであるオリーブオイル、
加熱調理で本領を発揮するのがオルチョだとしたら、
自然栽培3アイテムのウンブリア・オリーブオイルは、
出来たお料理をピカピカにさらに輝かせる光のエッセンスのようなものです。



レシピ集はもちろんベースからオリーブオイルを使うレシピですが、
レシピの中にある加熱時はオルチョやボルゴをどうぞたっぷりお使いください。
しかし、
出来上がったお料理にティースプーン少々加えることにより
料理を一ランクも二ランクもアップさせます。



是非そのおいしさと力を知っていただきたい!
まじめにつくる生産者の応援と健全な栽培による環境保全の維持、未来に繋がる生産物として
理解してお使いいただきたい!



そのきっかけとしてアイテムの一つ、アックアサンタの
アントネッラのレシピをまとめたものをプレゼントいたします。



1125-1.jpg



それぞれのレシピは、
私が今秋過ごしたアックアサンタに関わるエピソードを添えて
読み応えのあるレシピになっています。(A5版中身10ページ)



アントネッラの料理は本当に美味しくて、優しく、
決して贅沢ではなく、素材を無駄にせず、
あたたかいのです。

(夏のイタリアツアーご参加のKさんの言葉)



まさにそれを目で理解していただけるのではないかと思っています。



【レシピ集プレゼントの詳細】

★プレゼント対象の自然栽培のオリーブオイルは下記3種類です。

●アックアサンタ250㎖

●イルフィーロディパーリアわら一本(緑ラベル)250㎖

●イルフィーロディパーリアわら一本(白ラベル)ヴェルナッツアーノ250㎖


オイル3本



★レシピ集は3編・構成になっています

●Buona Vita ! レシピ集 vol. 1 野菜編(秋冬) 菜園の野菜を使った料理

●Buona Vita ! レシピ集 vol. 2 プリモ・セコンド編(秋冬)リゾット・パスタ・スープ

●Buona Vita ! レシピ集 vol. 3 ファリーナ編(粉物) 粉を使った料理


自分でいうのもなんですが、どれも面白いと思います。
特にvol3の粉使いは私も苦手ですが、
これなら!というレシピばかりです。(簡単という意味です)



どれもアックアサンタオリーブの収穫期の忙しい時に作ったレシピばかり。
短時間にできるシンプルバージョンです。




★プレゼントはお好きな自然栽培ウンブリアオイル3種の内
どれでも1本に一冊プレゼントいたします。


ただし、プレゼントは

1本ご購入の方には 野菜編
2本ご購入の方には 野菜編・プリモセコンド編
3本ご購入の方には 全編

差し上げる仕組みにいたしました。

どうぞたくさんのご注文を!お待ちしています。



レシピはなくなり次第、終了とさせていただきます。
またご希望に添えない場合もございますのでご了承ください。



取扱い販売店さんにてもプレゼントがついています
どうぞお近くのオルチョなど取扱いの販売店にお尋ねください。



★ご注文はこちら
http://www.orcio.jp/?page_id=3330

アックアサンタ


ウンブリア・アックアサンタにて

アントニオ


丘の上のポモドリーノの生産者宅


わら一本


イルフィーロディパーリアわら一本の畑にて











2016オルチョ!

旅の最後はオルチョへ!

丘ポモから車で1時間ちょい、
9月の長雨はオルチョにも影響していないかブルブルでした。

オリーブを見るまでは
安心できませんでしたが
行ってみてみて、ほっ。

しかし、
オリーブハエの影響は
こちらにも。

時間が経ち
イタリア全土にハエの影響があるのが時間と共にわかってきました。
アドリア海沿い、シチリアと大変な被害らしい。
本当に厳しい年となりそうです。

さてオルチョの収穫する人達も世代交代、
子供が大人に(笑)
父母と共に若者2人が加わりたのもし〜

忙しい作業の合間にみんなとディスカッション。
収穫の手順から
瓶詰めにいたるまで、
常に良くなるように『KAIZEN』しています、だって。

『かいぜん?』
『そうTOYOTAの』だって!

よく聞くと、
収穫から瓶詰めまで関わる人が同じオルチョ。

仕事の効率がさらに良くなるよう、
みながやりやすいよう、
仕事内容の質を高めている、
常に考えている、
『KAIZEN』は改善、
テレビのドキュメンタリーでトヨタの改善を知ったそうだ。

すごいなー

言ったのはジョバンナでもサルバトーレでもなく、
10年はこの仕事に携わるアンナ。

アンナ、すごい!

オルチョに関しては最近はほとんどクレーム事項はなく、
安心して任せていますが
収穫の大変さはもちろん、
見えないところでみな考えさらに良くなるように努力してくれている。

だからこそ、
オルチョっておいしい、
これじゃなきゃーって
ファンを惹きつけるものをもっているんだなー
と思った。

ボルゴもオリーブの果実はヴィンチェンツォさんですが、
搾油はオルチョと同じところに持ち込み、その他も全部ジョバンナやアンナ、彼らがやります。

それなりの質と味なのは、
お使いいただければわかると思います。

この皆の汗と努力の結晶、
オルチョあらしぼり は
来年3月から4月にかけて到着します。
どうぞお楽しみに!

ゼロだのカイゼンだの、
涙あり喜びあり
コミュニケーションの大事さを
ひしひし感じた
アサクラオイルなしだったからこそできた
今回の旅。

最高に有意義だった!


14937211_1118780594864336_3169443628610917832_n.jpg

気持ちのいいオリーブ畑

14947503_1118780598197669_6200176635726801725_n.jpg

オリーブ、最良ではありませんが農薬ゼロでこの質なら文句なし!
(農薬でハエ被害を防ぐことができます)

14955886_1118780638197665_5430364419003225263_n.jpg

大地の恵みの実り

14925290_1118780644864331_4501207648867541840_n.jpg


みんなと

14938380_1118780688197660_1866324758495407854_n.jpg

若返りメンバーとカイゼンのアンナ

14632969_1118780738197655_6530331051286670905_n.jpg


サルバトーレも年取ったわー

14955901_1118780778197651_4216196912177223090_n.jpg


夜にオリーブを持ち込み搾油所で

14915263_1118780788197650_865091588139480910_n.jpg

オルチョは石臼を使用

14906851_1118780834864312_8066995083111227886_n.jpg


初めから終わりまでかなり長い、
これを毎日毎日約1カ月。
大変な作業です。


14907022_1118780848197644_2741883798087745020_n.jpg

タンクに詰め持ち帰ります。
大きなタンクで品種別にゆっくり含まれる果肉をゆっくり自然沈殿させます。一番便は沈殿が終わる手前で瓶詰めしあらしぼりとして日本に届きます。












来年の丘の上のポモドリーノ

イタリア中部地震でご心配をおかけしました!

地震発生時は移動途中のローマにおりましたが
全く揺れは感じず
大変なことになっているのを
夜のニュースで知りました。

イタリア中部に集中した地震、
関係者が数件いるので心配です。

今後これ以上被害が出ないことを祈ります。


さて、
南イタリアに移動、
丘の上のポモドリーノ(チェリートマトの水煮)

野生のオレガノ
の産地へ。
一年ぶり、
昨年イタリアツアー以来の訪問です。

昨年訪問時、
豪雨で川が氾濫、
流された石ころだらけの畑は無惨で声もでませんでした。

今回流された畑は
きれいに整備されてはいたのですが、
気になる今年のトマトの出来。

収穫最中、生産者のアントニオに
何度か連絡し出来の確認をしておりましたが
『毎日雨が続いている』のみ。

嫌な予感はしていましたが、
収穫時期の9月一か月
(路地のため収穫は9月から)
毎日雨でトマトの出来が悪く
丘ポモの加工は『ゼロ』とのこと。

『ゼロ』って(絶句)

なんとなんと。
こっちも『ゼロ』
ショックー

一番ショックは
15年前に知り合った際に
過疎の地元を有機栽培で村おこしをと立ち上げた
農業組合を解散しなければなくなったとのこと。

またその組合の解散も簡単にはいかず
大変らしい。
なんとも。。。

丘ポモがないと
私も厳しい。

夏はいいとして
トマトのない時期に必要なトマトソース系ができない。

・・・・・・・・・・・・・・・

加工場に行くと
昨年産の業務用丘ポモの山が。

今年春に到着した難あり丘ポモを
たくさんの皆さんにご協力、ご購入いただいたあの丘ポモの業務用です。

加工日が違うので
あの難ありの味が
かすかに、かすかに感じますが、
問題ない味わいです。

これ、
どうしようと迷いましたが、
少しでも経済的な援助になるならと、
購入することにしました。

ただ業務用なので
いつものサイズ580gの倍の容量。
1300本。

チェリートマトが丸ごと入り
ミニトマトを使う要領で料理ができ
ミニトマトのない時期に大変便利です。

来年の丘ポモが届くまで
約一年かけ、ゆっくり販売できればいいな、と思います。

またその収益の一部を
イタリア中部地震被害の義援金にしたいと考えています。

丘ポモのファンのみなさま、
まだ召し上がったことのない方、
是非ご協力いただきたいと思います!



14590453_1117843381624724_6391784349756945015_n.jpg

イタリアナポリから直線距離で内陸に80kmほどにある
丘ポモの産地モンテカルボ

14938372_1117843488291380_7534394197101931021_n.jpg

ダイナミックな丘陵地帯だからこその地形に向いた作物がつくられます。トマトもそのひとつ。


14925225_1117843708291358_5185422669395461674_n.jpg


アントニオ個人は農家レストランを営んでいます。
奥さんのジェラルディーナは家庭料理ながらプロテクニックがあり味付けが上手。

14910374_1117843744958021_8075992037456521378_n.jpg

息子のオランドもサービスの手伝い。自家製生ハムをスライス中

14915359_1117843784958017_2989345211060196722_n.jpg


アントニオもサービスに料理サポートになんでもやりますー

14900520_1117843831624679_5488815029989753462_n.jpg

ワインも自家製、パンの粉から野菜から肉からほとんどが自家製。

14947809_1117843861624676_3288824536766444156_n.jpg


こちらが業務用サイズ丘の上のポモドリーノ!









アントネッラの料理/Buona vita クックレシピ

パンがないので急遽チャパティ

クリスチャンの
ジェンティルロッソという軟質小麦とファッロ小麦少々まぜ
水だけでコネコネ、
延ばして油なしフライパンで焼くだけ。

マリネした野菜ミルフィーユを包んでいただきました!
ボーノ〜〜
ボニッシモ💜💜💜

アントネッラの料理は
すべて美味しい!

材料のチョイス、
取り合わせ方、
加熱の仕方、
少ない材料、
オリーブオイルと
塩だけでほとんどの料理を
完璧に作ります。

来年来日時はライブクッキングで
見ていただきたい!

その前にできること。

手作りBuona vita クックレシピ、

細々とした
料理上のコツを漏れなく網羅した
レシピ集を帰国したら作製し
アックアサンタ、
わら一本(白・緑)
ご購入の方にプレゼントを、
と思います!

オルチョ販売の初期も作ってましたが、
今回はカラー版で
と思います!

卸売りのお店にももちろん差し上げますよ〜

●わら一本 緑ラベル白ラベル
●アックアサンタ2015年産
まだまだ在庫がありますので
どうぞよろしくお願いします!

Buona vita!

※10月28日以降の
わら一本2種、アックアサンタをご注文いただいた方にプレゼントいたします!

3部レシピになり、1種につき1部となります。
帰国してからの作成になりますので、出来上がり次第郵送いたします。


14639696_1114594571949605_1168426299957014441_n.jpg

虫が寄らないようローリエの葉を使うんだって!
しらなかった〜〜


14595640_1114594581949604_4557274886839834572_n.jpg

手早く粉と水だけをまぜてコネコネ。

14702227_1114594611949601_2531782791275810019_n.jpg

寝かさずすぐ延ばして

14724641_1114594621949600_2244457673042535_n.jpg

フライパンで油なしで焼きます(注意/フライパンの底が焦げになるので中華鍋でやるのをオススメします)

14606546_1114594658616263_9553207805710983_n.jpg


ミルフィーユを包んで
あっという間にできます!
めちゃくちゃ美味しい!






前のページへ