スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丘ポモ入りの「とまと豆腐」夏季限定販売!

丘ポモ豆腐 夏季限定!

築地の杉寅豆腐店さん

アサクラ人気アイテム
チェリートマトの水煮

丘の上のポモドリーノ
を使い

トマト豆腐を作ってくれました!

杉寅豆腐さん、

いろいろなトマト水煮で試したそうですが

丘ボモがダントツうまかったそう。

ワタクシもいただきましたが
ナイスなトマトの入り具合、

オルチョとコンチェント、
うちのオレガノをパラパラと、

で最高に美味しい。
残念ながら築地のお店に直接販売のみだそうです。

1549298_851452674930464_8984613593090806783_n.jpg


お近くの方はいかがでしょう?

杉寅豆腐さん
東京都中央区築地7丁目15−13 セブン築地1C
03-3541-9598

8:30-18:30 (土曜日は18:00まで)
定休日 日祭日 他築地全体の休みが不定休で月に2回

200g 313円(税込)

丘ポモ以外に、有機栽培のバジルも少しいれているそうです。
また、お豆腐は佐賀県のフクユタカという豆でつくっており、
これがとても豆腐に適しているとのこと。

豆の産地 佐賀県のHPにも掲載
http://gochiso-saga.com/gourmet/index.php?id=2186

お電話で取り置きが確実だそうです。


















スポンサーサイト

あきゅらいず美養品のこと

オルチョ輸入も11年がたち今までに色々な人のご縁があった。


お陰様でいいご縁をたくさん頂いております。



今回もすごい人に出会ってしまった~~~~



今年の6月だったか

千葉の奥の奥地の講習会に参加してくださった女性のグループ。

4名様。


講習はそこそこでディナー形式の会だったのだが
各テーブル、オルチョを使って料理したイタリア料理を食べて楽しんでいただいた。


その4名様のテーブルがひときわ賑やかであったのを覚えている。
みな、すっぴんできれいなお肌が印象的だった。


聞くと化粧品会社のメンバーというではないか。
(彼女らはスキンケアーの会社と言ってたような)


ワタクシ

ふ~~んと。



その中にいた南沢さんは既にオルチョをご愛用いただいているとのこと。
この講習に来るまでオルチョの講習だとは知らなかったそうな(げ~~~)


聞きながら、ふ~~んと思っていたが

突然その南沢さん。

「ラジオ出演してくださいよ、アサクラさん」と。


「え~~~ラジオですか、いいですよ」




気軽に受けたのだが、

まさか

こんなに早く依頼が来るとは思わなかった。


あきゅらいず美養品
は初めて聞く化粧品会社であるが、


なんだか面白そう!
聞いて驚いたがその四人のうちの一人、どうみても社長には見えない(南沢社長失礼!)のです。

その他のお嬢様方3人は社員だったのだが、まったく社長を社長と思っていない風(いい意味で)なのです。

おもしろい、とにかく今までにない感覚を感じたワタクシであった。




そしてその日は来たのです。


ラジオ収録の日。


南沢典子さんは会社のある武蔵境駅までなんとFiat500(チンクエチェント)のニューカーで
お迎えにきてくれた。
(チンクエチェントほし~~~しかしニューカーはワタクシ、イタリアで見たことがありません。
初めて日本で見たわ~そして乗ったわ~~ちょいと自慢)


南沢社長「アサクラさん打ち合わせもかねて社員食堂でランチしましょ」と

ワタクシ

「え~~~~社員食堂?」


化粧品会社=輸入品かなにかを仕入れ販売してる

と勝手に思っていたのですが、

社員食堂って、なに?製造販売してんのか~~~~?
(あの南沢社長が????!!!!!)


あきゅらいず美養品本社にいよいよ到着

とても大きな建物にまず驚きました~~
そして三階あったか、下から上まで壁面ほとんど全てグリーンカーテンで覆われています。
グリーンカーテン
社員の方々で種をまいてカーテン用に仕立てたそうです。


こちらが社長!の南沢典子さん
南沢さん
社長に見えます?(あっ社長見てたらごめんなさい~~どうみてもお若すぎる、、って意味です)



社屋のIFは子供たちがなんだか一杯います。
木で作った素敵な空間に子供がはだしで駆け回っている。

一体なんで?
とお聞きすると

「福島の子供たちの疎開を受け入れているとのこと」


ワタクシ

「え~~~~」


こんなところでまさか我フクシマの子供たちがご厄介になっているとは!
18日間だったかの滞在を受け入れ、

社員さんをナビゲーターに付け、基本は子供たちの自主性に任せその日なにやるかの
プログラムを作って遊んだり勉強したり、野外学習に行ったりプールに行ったりしているそうだ!



「は~~~~~」


ワタクシ、口が開きっぱなし。

そして南沢社長に、社屋を一通り案内していただく。
広~~~い空間に電話対応(通販専門の化粧品会社なので)の若い男女が大勢。

想像の範囲を超える人数。


そしてこの日も蒸し暑い日でしたが
冷暖房用にパネルヒーターっていうのでしょうか、

冬はヒーター、夏はパネルの中に水が入ってるそうでそれを冷して
エアコンでなく社屋を冷しているそう。

冷えすぎ防止、そして乾燥防止にもなりますね。
はじめてみるこのパネル冷暖房機、すごい~~冷えて水滴がパネル前面についており部屋を冷します。

エコロジーだ!


よく聞くと美養品も、社長自らが中国で原料を探し、
自然由来のものを主に製造しており

元は某有名化粧品会社に長年お勤めしていたそうで
そこでの疑問を晴らすために

ご自分で原料の吟味からレシピすべて自社でまかない、製造販売しているそうです。

基本スキンケアーと歯磨き粉やシャンプー、入浴剤などを扱っていらっしゃいます。
なるほど~~オルチョをもともとご愛用頂いているだけある方です。


本来の肌を取り戻す為のスキンケアーを一番のコンセプトに商品開発をされています。


すばらしいね。




そして社屋を出て別棟に徒歩でテクテク~~~~

5分もしないところに「森の食堂」があります!
食堂

こちらもやはり全部木づくりの建物になっており、
椅子やテーブルも全部本物の木でつくったものです。

居て、とても気持ちい空間です。

さてさて~セルフサービスでランチを頂きます。

ご飯の盛り付けは自由、目一杯大盛りにしてもいいそうです。

この日のランチは

しらすどんぶりと豚ばら肉の煮込みとお魚ダンゴ入りおすまし
ランチ
ご飯は七分搗きだったかと玄米のおかまがあり、どっちでも選べる~どっちを盛ってもいい~自由~~

材料は近辺の農家さんと取引をしているそうで
なるべく安全なものを調達する努力をされているそう。

そしてなんと!
米は自家栽培してるんだって!

どこで~~~~と!

山口県岩国だそうで、そちらの無農薬のお米、ご自分たちで作ってるそうです。

いやはや~~驚くばかりです。

壁にこんなの見つけました
食堂看板

お母さんの味
お母さんスタッフが
ごはんをつくります、
こどもの健やかな成長を願うように
スタッフへ
ごはんをつくります。

と書いてあります。

聞いて驚くことまたまた!

ご飯をつくっているスタッフは元社員さんだそうで(美養品の)
引退後にまだまだ働ける年配女性スタッフさんが賄いづくりをはじめたそうで
はじめは社屋の給湯室ではじめたそうで

それがなんと~~~こんなにおおきくなっちゃった。
それはそれは広いスペースで一日100名近く居るスタッフ、


そしてまたまた驚く!

外部の方も自由に食べれるんだそうです!


一食¥850のランチ、
夜はやってないそうですがたまにライブなどイベントなどされるそうです。


は~~~~もうワタクシ驚きの連続でラジオでしゃべれるのか?

もう一日の仕事を終わったような気持ちになってしまいました。


ランチでは南沢社長がオルチョとグリーンカーテンで取れたミニトマトなどを持参くださり、
周りのスタッフにがんがん試食を始めました。

食堂のスタッフの方々まで呼び、
「おいしいんだよ~~と宣伝です!」ひゃ~~~~

ありがたいことでございます。

ワタクシは唖然としながらもランチをもちろん完食!(やさしいお味、調味料も吟味してるのがわかります)

大変おいしゅうございました。
ご馳走様でした!


また行って食べたいな~~と思わせる
「森の食堂」なのです。



さてさて~~~
いよいよラジオ局へ。

あきゅらいず美養品が西東京FM3局(武蔵野・西東京・調布)の番組をお持ちになっています。

社長の南沢さんと番頭さんの松本さんがナビゲーターで毎回ゲストをお呼びする、

そして
あきゅらいず美養品のコンセプト「贅沢なシンプル」について
ゲストと共に語り合います。


今回私は8月中旬の二回分の放送を収録に行って参りました。
あいにく、イタリア滞在中でオンエアーは聞けませんでしたが、


今、ネットでいつでも聞けるようになりました!
お時間があったら聞いてみてね。


あきゅらいず美養品「森の学校ラジオ」
こちらから二回分の放送が聴けるようです。


そして放送にも南沢社長、オルチョと野菜を持参!
ラジオ局トマト
ワタクシたち以外にラジオ局のプロのパーソナリティがいたのですが
その方にもすかさず、試食を促す南沢社長。


ワタクシもちょいと緊張してたのでトマトを食べてリラックスリラックス。
いつも食べてるオルチョ うんまいな~~~と思いながら。


しみじみと食べましたわよ、落ち着く~


南沢社長、私のオルチョを始めたきっかけやイタリアでの事、自然栽培のこと、アサクラオイルのこと、
松本番頭さんと共に色々つっこんできました。。。

ははは~~~あっけらかんとしゃべってまいりました。
ラジオ三人
三人で収録前の記念写真。


あ~~~楽しかった!


あきゅらいず美養品。


化粧品もいろいろありますが、化粧品だけではなく自然や人の本来をつたえている会社だな~と

自然体の南沢社長さんがその代表ってのがよくわかりました。
だから社長っぽくぜんぜんないんだな~と。

目線が違うのです。

もちろんこれだけの大きな会社を背負っているのですから
それなりのご苦労ももちろんおありでしょうし
社長然としなければならないのはもちろんです。

しかし、それだけではない、ものをもっているのが南沢社長。

あきゅらいず美養品はどうも繁盛しているらしい。


繁盛店のヒミツをまて見てしまった!

もう今までの価値観はまったく当てはまらないってのがよくわかった長~い一日でした。



南沢社長、
あきゅらいず美養品のみなさん、


本当にその節はありがとうございます!





緊急入荷‘丘の上のポモドリーノ‘

震災でイタリアにいた時、色々なことを考えた。

ロシアだけでなくチェルノブイリの被害を受けたヨーロッパの人々、そして私の周りのイタリア人も
色々なことをアドバイスしてくれた。

その中の一つに

当分の間は生の野菜は食べられなくなる。

というものだった。

これは断定の『食べられなくなるかもしれない』ではなく
『食べられない』

だった。


今、震災から3ヶ月が過ぎたが

放射性物質が基準値以上のものがぞくぞくと出ている現状・

イタリアにいたとき、
イタリア産で安全なものを日本に運ぶ、


という、今までに考えもしない境地に立たされた。

オルチョの生産者ジョバンナは

『真っ先にアントニオのトマトを日本にもって行きなさい!』と言った。


オリーブオイルの魅力に感動した私はオリーブオイル屋で撤しようと思っていたが

次々とやらねばならない状態に追いやられる(泣笑)


オレガノは素晴らしい香りに魅了された。
こんなオレガノない!と。

自分がいつも使いたいアイテムとしてそばに置きたくなった。


パスタだって、始めは全然やりたくなかったのだ!

しかし、パスタの現状を知り、唖然。

やらねば。
だれがやるのだ、と。


そして塩漬けのケッパー


うますぎる!

自分用にイタリア帰りに5kg袋(かなりでかい)をスーツケースに詰めて持って帰っていたが
だんだん、ほしい人が広がり輸入を開始。

今、アサクラの隠れた人気商品だ。


そして今回はアントニオのトマトが入荷目前となった。

ジョバンナさんのアドバイスで

今年のトマトは食べられないかもしれない・・・・と思ったのと
イタリアにいたときに急いでサンプルを取り寄せ食べてみたらおいしい。

ものすごく美味しい。


アントニオはご存知野生のオレガノの生産者。

アントニオ一家
アントニオはカンパーニャ州ベネベント(オルチョの産地)に程近いがもっと山の中、
アッベリーノという小都市のもっと奥、山の中に住んでいるオーガニック農産物の生産者。

主はワイン用のブドウ、
そしてトマト、といってもミニトマト。

通常、トマト(ミニトマトも)は平地で作るものですが、
アントニオの住む地には平地がない!

丘の上で作られており、ちょっとめずらしい。


生まれ育った街が過疎になっていき、
なんとか活気付けようとオーガニックで街の活性化を図ろうと仲間と協同組合を発足。
その発足時に私は彼のオレガノを買い付けるようになったのだが


あれよあれよと大きくなっていった。

アントニオの所にたまに行くたびに、

『僕のトマトも日本に持っていきなよ~~~』と

勧められていたが

『トマトは日本にも有るからいらないよ~』と
冷たくあしらっていた私。


しかし、今年はどうなるかわからない日本、そして安全なトマトを自分も食べたい、子供たちに食べさせてやりたいと決心した。


このアントニオのトマト、
ラベルを見たら

『BIO Pomodorino di collina』
ビオの丘の上(collina)のミニトマト(pomodorino)ってかいてある。


かわいらしい名前だな~と

私は

『丘の上のポモドリーノ』とほとんどそのまま命名!


6月下旬に入港予定(品切れのケッパーも同時入荷します)



どうぞお楽しみに!

丘の上のポモドリーノ
たっぷり入ってます ¥680/580g 






いいもの見つけた!

会津若松市内の中心地は極狭く、
郵便局も銀行もお気に入りの喫茶店も大体徒歩でOK.

ほとんど自転車を使うワタクシですが、
雪があり冬は徒歩が多くなる。

久々徒歩で用足しをしていると
いつもは見ないが今日は足を止めてしまった。

奥会津製品を集めたアンテナショップ。

山間地区なので産業は林業にたよっているらしく
特に西の奥は会津桐の産地でもある。

アンテナショップは間口1間ほどの小さいお店。
山菜や地鶏の加工品など食品から

山葡萄のツルで編んだかばんやザルもある。素敵~~
手作りなので値段もいい!

その中で、ワタクシ買ってしまいました!

高価なかばんじゃないよ。

これ
まな板①
桐のまな板。

まな板も色々ありますが、

重かったり、厚すぎたり、水切れが悪かったり、と
なかなかいいまな板ってありません、
もしくわ高級品。料理屋さんが使うような。

そこまでは求めないワタクシ。
今使っているのは
ホームセンターで買ったえらい安い値段のやはり桐製。


アンテナショップのお姉さんによると
中国製のものですよとのこと。

このまな板、あんまり厚くなく超軽量。
お値段はホームセンターの桐のやつの3倍ぐらいしますが


使い勝手良さそう!

まな板2
角にこのように回転式の脚がついており、
自力で立つのです。

丁度まな板がほしかったので迷わず買いました。


そして使い初めて1週間ほどですが、

使い勝手が最高!!!!

薄さが丁度よい、軽さはもちろん、水切れがとてもよく、一人で立ってくれる。

同じ包丁で同じものを切っても
切れ具合がとてもいい。しっかり下に食い込むけど傷がつかない。

桐ってすごい木ですね~


これは会津の誇る産物だ!
ほしい方はWEBもあるようなのでお問合せ下さい。


会津桐タンス株式会社



調理環境が良いと料理も楽しくなりますね~






すごいメガネがやってきた~♪

先月の終わり念願のとよふくさんに行って来た!

もうご存知の方も多いかと思うが
私は極度の難聴。

これは相当昔からでまあしょうがないとあきらめてはいるが
唯一、自慢だった視力がパソコンや携帯の影響からか
いつのころからか相当落ちてきている。

近くの文字が見えないのはパソコンを使うようになって3年ぐらい、今から7年前ぐらいから、
あ~ついに‘老眼‘とずっと思っていた。

奥会津にある自然食のお宿タンボロッジの大屋さんから
千葉県佐倉市にある眼鏡屋さんの話を聞いたのはもう二年ぐらい前だったろうか、

『両目検眼をしてメガネを作ってくれる眼鏡屋さんがあるよ』と
教えてもらった。

両目検眼あたりまえじゃない。メガネなんだから!

と思った私であるが

ついに行ってきてました。自分の目がどのように見えてたってことがわかった!

老眼なんてことばではいえない複雑なめというのが・・・・(ガクッ)


検眼は約1時間にわたり行うが
検眼しながらショックの連続!


‘視力‘とは5m先の図形がどれほど小さくとも見分けられるか、をいうそうで

検眼では片目ずつ例の丸の左右上下どこが欠けてるかを調べていきますね。
それで普通のメガネは例えば0.5の視力を1.2とかに見えるように調整したものを渡される。

しかしとよふくさんはそうではない。

あの丸の欠けたのを見るだけではなく色々な図形を見せられ検眼する。


それが・・・・・全く見えてなかったということに気がつく。

これは相当なショック。
全然見えない~~~(まともに見えない)


それによると私は遠視乱視でこれは数年のうちでこうなったもんではないよ、

とよふく店長の豊福さんに言われる。更にショック~


目というのはどんな食事を取っているかがものすごく影響するそうで
目が悪いと姿勢に影響したりで身体(健康)に影響していくそうで

私の場合は魚を沢山食べ過ぎちゃったねと。

そういえば、食べてました~と。

山国(会津)の人は魚の食べ方を知らない、
大根おろしや柑橘果汁を添えてたべると魚の毒も消えて身体に負担が無いけど

そういう食べ方をしてこなかったでしょと豊福さん。


確かに・・・・

たべものが血となり肉となることは毎度のオルチョ講習で言うことであるが
目までとは・・・


私の場合は過去の視力がよかった見えた(つもり)頃を復元しようと一生懸命目を凝らしてみる為
姿勢や身体が固まっていっているそうだ。
難聴もそれの影響が必ずあるとのこと。



両目それぞれの視力状態にあわせ、両目で見て目を凝らさないよう
複雑な眼の状態にあわせ調整してくれるのがとよふくさんのメガネだ。


調整してくれたメガネが昨日届き今日からかけています。

なんだか視野が今までと違う!
目を凝らさなくってもいい!

あ~リラックスリラックス。かなりいいかも!


通常のメガネはかけるほど度が進み、更にどの強いメガネを作り変えなければならないが
とよふくさんのメガネは違う。

視力が回復の方向に向かうそうだ!


値段は普通のメガネより割高だが結局お得のようだ。

なんといっても目を凝らさなくってもいいってのは相当な身体の負担をとることになり
少しずつ、また身体にも変化すると予想される。


千葉県佐倉市は会津からかなり遠いのであるが
イタリアに行くわけじゃなし。


これからの視力のことを思ったら近い近い。

‘もっと早く行きゃよかった~‘と今更ながら思う。



これからの長い付き合いになりそうな私のメガネ、なくさないようにしなくっちゃ。
なにせおっちょこちょいなのでそれだけが心配。


目のお悩みの方、超おすすめのとよふくさん、行ってみては?


必ずあなたの視力と身体が変わるはずですよ。


※とよふくさんは要予約です。
今日電話して明日は無理です、全国から目のお悩みの人が来るんですから!










前のページへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。