新ロットのチェチ(ひよこ豆)につきまして

いつもお願いばかりで申し訳ありません。
今日もお願いのお知らせです。


クリスチャンのチェチの件です。

マルケ州の山間の小さな小さな村に新規就農したクリスチャン。
彼は、世界をバックパックで旅をし、
インドに滞在した折、貧困を目の当たりにし、

食べるものを作る人になる!

と決意、同時にパートナーの妊娠をきっかけに
食について考え、

わが子にまっとうなものを食べさせる、と
自然栽培で農産物をつくる農業の道を選びました。


私は2006年にアサクラパスタの販売を開始し、
すぐファッロ麦をパスタ用に種を蒔いてくれる人を探しました。

そしてご縁がつながったのがクリスチャン。
彼のファッロがアサクラパスタ【ファッロのパスタ】になります。

毎年毎年、
天候も左右される農業。

干ばつアリ、長雨アリ、
安定しない天候の中、
彼の生産品を扱い7年程になりますが
今まで、左右される天候なりの作物をありがたくいただいてきました。


アサクラパスタの原料は、
だれが作ったか、履歴のわかる産地・生産者に
いま絞っており、よりクオリティーのコントロールと
おいしいものを皆さんにお渡しできるようにイタリアの生産者と
やり取りをしています。


また、産地・生産者の人となりは、
ただ生産品として市場に紹介するだけではなく、

その環境とその人がどう向き合い、その変化と、激変する状況に対応しているか、
観察し、そして寄り添っていきたい、

と私は考えます。


生産者を守り、時には叱咤(笑)時には励まし、
私も、その中で多くを学んできました。


クリスチャンともいろいろありました。
長雨にやられた2014年のファッロ。

そして昨年は収穫直前まで調子のよかったチェチ(ひよこ豆)ですが、
収穫しようと思った矢先の長雨で
チェチの殻・中身にまで雨で湿り影響が出てしまいました。


収穫され届いたチェチは
生豆の肌がきれいな生成り色でなく、少しくすんでいます。


ただ、浸水すれば元のいつものチェチになり、
加熱すれば、いつもの味です。


昨年はこのようなチェチの収穫の現状で、
マルケ州辺りのチェチ生産者はほとんど収穫ができなかったそうです。

クリスチャンは、奇跡的に収穫ができたそうで、
ど根性オルチョ、じゃありませんが、

ど根性チェチ、として販売したいぐらいの、
よくぞ、長雨に持ってくれて、しかもおいしいいつものチェチになってくれた!

と思います。


肌がくすんでいる為、見た目がいつものものより塩梅がよくありませんが、
これらを踏まえて、またいつものようにお買い求めいただきたいです!

チェチの水煮も好評で、順調に広がりつつありますが、
この水煮も新しい在庫は昨年産に切り替わりました。

チェチの水煮


こちらもいつもと変わりない、クリスチャンのチェチの水煮に仕上がっております。
おいしいです!


このようなわけで、
農薬などはもちろん不使用、
生きた、生産品は天候によるダメージを受けるものです。

このチェチを見て、調理し、食べ、
それを多くの皆さんに知っていただきたいです。

イタリアでの選別が今ひとつで、
これも次回への課題ですが、

チェチの販売管理をしてくれているサンスマイルさんが
すべて手作業でこの再選別をして下さっています。


人間の目によるもので完璧とはいかないかもしれません。
食べるものはきちんと自分自身でコントロールする!
が基本と私は思っていますので、

今年のチェチは封を開けて更によく見ていただき、
もし万が一、不具合なものがありましたら取り除きお召し上がりください。
少々のキズ、黒い傷は浸水すれば気になりません。

IMG_7345.jpg

上 ゆでる前 / 中 浸水 / 下 ゆでたもの


多くの皆さんにこのダメージチェチ、いやど根性チェチをお手に取っていただき、
食べていただき、

大変な状況の中で日本に届いた貴重なチェチを
どうぞ、美味しく調理したくさんの方にお召し上がりいただき、
学んでいただきたいです。


いつもお願いばかりで本当に恐縮ですが、
クリスチャンの労力と汗を感じ取っていただき、
このエネルギッシュで生命力あふれるチェチを食べてください!

チェチ

       左が例年のチェチ / 右がど根性チェチ


お味のご感想などもお待ちしています。
あえて、ダメージチェチだからこそ、食べてみてのご感想がお聞きしたいです。

しつこいですが、
クリスチャンのチェチ、曇りのない、いつものチェチの味です!


どうぞ、よろしくお願い致します!

                         朝倉玲子












スポンサーサイト

チェチのこと (3)

イタリアマルケ州の生産者クリスチャンをアサクラは応援しています!


自然栽培で小麦や豆を作っているクリスチャンの栽培作物。

チェチについてもっと知っていただきたく今年初め、
雪もまだちらつく寒いころ~~

チェチのこと、をブログを書きました。

アサクラアイテム・
もっと~もっと~チェチを~もっともっと~知っていただきたくって~♪



前の記事は 

チェチのこと(1)http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-498.html
チェチのこと(2)http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-499.html



さて、まじめに書きたいと思います。


チェチとはイタリア語でひよこ豆のことです。
アイテム名としてアサクラでは『チェチ』としています。

てのも、
ワタクシは、生産者であるクリスチャンと
直接やりとりをしており、

食べる方と、作る方をつなぐ役割のワタクシ、朝倉としましては、
なるべく現地語でその製品を広めたいと思っています。


ひよこ豆っていうと、アメリカ産、西南アジア産、いろいろありますが~
イタリア産のひよこ豆だよ!って知っていただきたいのもあります。

このチェチ、食べない人はまったく食べる機会はありませんよね!
ワタクシも、豆は・・・・しかもひよこ豆・・・・という方でしたが、


イタリアを行き来するようにチェチのおいしさに開眼はしました。

ただ、販売は・・・・・

チェチのこと⑴⑵を読んでいただけたら経緯はもうお分かりと思います。


やらにゃならん!売らにゃあならん!のです。

しかしね~購入してもらって、食べてもらって、おいしさに喜んでもらって、
そうすると生産者クリスチャンも、チェチ・小麦の畑の作付をどんどん増やし、

ほんものの食材をみなさんに食べてもらえるのももちろんですが
畑の環境、持続可能な農業の推進と、一篤農家の生活を支えることになります。

篤農家(良いものを作ってくれる人)は食べる人で支える!
この構図が必須です。


そんなわけで~
アサクラアイテムご愛用のみなさまにはご協力!
ワタクシ達の血と肉と、心の栄養をみたす食品!

チェチもお役立ていただきたいです!



チェチのこと⑶は
美味しく食べてほしい。調理法について書きたいと思います。

チェチの歴史は7000年以上前から食べられているそうです!
チェチウイキペディア
、https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A8%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%A1#.E6.AD.B4.E5.8F.B2

クリスチャンの栽培種はローカル(マルケ州)在来種でも古~い古~い種類だそうです!
小さく粒が固いのが特徴です。


水煮浸水すると、プチプチ音がするらしい。
(わたしは耳が遠いので聞こえません)


種である乾燥豆のチェチは長い休眠状態から水に浸ることで
目覚める!


音がするって。。。
面白いやつだな~チェチって。


サラダや、
スープ、
カレー、
パスタソース、

イタリアではもっぱらスープとパスタソースにするのが定番でしょうか。
どの人も大好きな、とくにイタリアオトコはチェチパスタがお好みのようですよ。

(自分の)ママの作ったチェチパスタが好物、と何回か聞きました(笑)

チェチパスタとは
チェチの水煮にオリーブオイルと塩だけで味付けし
そのいわゆる豆スープにトウベッティ(小さな指輪型のパスタ)を加えるだけのシンプルなものです。

秋から冬にかけての定番のレシピです。


講習会でもいろいろなレシピをやりますが
その中でも

チェチとマッシュルームのスープが一番のおすすめです。
http://www.orcio.jp/common/pdf/ricetta/Zuppa_di_ceci_e_funghi.pdf

画像のレシピは一部バーミックスで出来上がったチェチスープを粉々にとろとろにしていますが、
バーミックスを使わないで煮あがったそのままもおいしいですよ!
スープにチェチとマッシュルームの出汁がよくでていて

本当においしい!
チェチからのどれだけ出汁がでるかがわかる一品です。
煮汁は捨てないで是非スープなどにお使いください!


さて、
変わり種、そもそもこれをアップしたくて
チェチのこと、を書き始めましたが、

チェチ豆腐!

チェチで豆腐のようなものを作ってみたら
な~んと!
美味じゃないですか!

しかも豆腐のようににがりのようなものを使用しなくてもよい!
超簡単!

細かいことは人生から省きたい派のワタクシにもぴったし!
(つまりおおざっぱなと言う意味です)

そのチェチ豆腐のつくり方を今回は細かくご紹介しますね
(だれかのFBのシェア記事がソースですが、自分でやってみての体験談になります)

クリスチャンのチェチ 200g入 1kg入 があります。 
BE01-e1444803559665.jpg

①まず前の日からチェチを浸水。
たっぷりの水に。翌日はうっすらと水が黄色っぽくなります。
このしみでた成分は腸にガスを溜める要因となり、イタリア人も必ずこの工程を踏んて調理しています。


チェチの目覚め
浸水
耳を澄ますと、プチプチ~としばらくすると聞こえてくるはずですよ~

粉砕準備
豆の重量の2倍の水で試してみました
(乾燥豆100g が浸水で倍以上になっていますのでその重量をはかり、その倍の水の量です)
ミキサー開始

粉砕開始
生豆なので少々時間がかかります。
しっかり浸水していないとミキサーに負担がかかるので浸水は長ければ長い方がいいように思います。
24時間以上でもOK
01c5797dff32ca13046d590b1503994dea44949617.jpg
豆が細かくなるまで目視で判断

しぼり(豆乳)
01075fa9308788775372918f14fcde2b64511d7da3.jpg

味の確認
必ず豆乳の生の味を味わってください。はっきりいってうまくありません。
この味が火入れすると変化します。
01c0cd908f0835fa3f99b424b61dc6cd1a8caa141b.jpg


火入れ
鍋に移し替え火をつけ練り始め3~4分もすると
粘性が出てきますので木べらで底の方をかくように焦げ付かないように練ります。
ゴマ豆腐を作る時の要領です。
だんだんいい香りがしてきますよ。
01659fd73a4a5d6209af3c9a389deec428ba58bee4.jpg

火入れ完了
とろみがどんどんついて下に焦げ付くな、とおもう手前。
大体15分ぐらい練るとOKのようです。
必ず味わいを見てください。
完全に旨みがでた状態で火入れ完了です。
016c08c0e71f1f1d73189b23e83e365697acad9705.jpg

型に流しいれる
お好きな型を水でぬらして流し入れてください。
右が浸水後豆の2倍の水の量、左が3倍の水の量です。
01309dffb31f94997fe19199980f22c7a18b74abd5.jpg

右豆の2倍量の水で作った方は20分もしないうちに常温で固まりました。
3倍量の方は夕方に作り、翌日やっと固まりました(プリン型などに入れて直接流し入れないとだめ)


2倍量のチェチ豆腐 完成!
シンプルにオルチョと塩(コンチェント)のみ!
うんま~いい!
固さはプリンより柔らかめでしょうか。
ただ、時間を置く(1日以上)と水分が出て堅めになってしまうので注意。
01fa5259a1789153cd5cb83bfc527d4122276227f0.jpg

これに醤油をたらしても美味でした。

こちらは黒蜜をかけてみました
0125acf34ae30c3210417532838890161674bd090d.jpg
美味~~
いけます!
これは、スイーツにも使えそう!と思いました。

チェチのおから
これも使えます!
そのままに葛粉と塩少々を混ぜてこねてボールにして焼きました
011ac1d9f3e9e5cd6656fd442c427df609caf97648.jpg


こちらファラフェル風おやき
019d4dce72b071884031bd9ea66be936e55006991b.jpg
焼きたておいしい!
冷めると味がぼけるので、やはり何かに混ぜ込むのがいいようです。

このおからは工夫すれば使途はいろいろありそうですよ~

そして
このチェチ豆腐、
スイーツにもいいな~なんてこころの中でつぶやいたのが聞こえたように、

おいしいのを作った人がいます!
014f97d8faee15f7157107c4474ff7d49422101b9c.jpg
手前のケーキの上部がチェチ豆腐アレンジ。
那須の多田美幸さんが作ってくれました~
もちろんクリスチャンのチェチで!


こういうサプライズは本当に嬉しい!
夏にクリスチャンにあったら、絶対教えてあげたい。
作ってあげたいな~と思った!


まったりと、コクのある、チェチのムース(もちろん甘い!)

こんな風にスイーツにも!


どっさり着いたチェチ、おかげさまで順調に売れています!
サラダやスープ、カレーはもちろん!

工夫次第で豆の域を超えた使い方ができるのがチェチ!

チェチはアサクラサイトからどうぞ!(しっかり営業させてくださいまし)
チェチ → http://www.orcio.jp/?p=3672

また全国に取扱いのお店もございますので
どうぞおちかくのアサクラアイテム取扱いのお店にお尋ねください!

クリスチャンの古代小麦ファッロ全粒粉は
全粒粉 → http://www.orcio.jp/?p=4397

もちろん、メインのクリスチャンのファッロ小麦のパスタもございます!

クリスチャンの粉物は製粉所もこだわっています!
17代続く昔ながらのテベレ川源流の水を動力にしている製粉所。

クリスチャンの全粒粉は手触りがやさしい~と
プロの粉に使い慣れた方程おっしゃいます。

製粉のこだわりが人の感覚にも影響しているのではと思います。

どうぞクリスチャンの農産物、よろしくお願い致します!




































チェチのこと(2)

そんなわけで



チェチの販売、サンスマイルさんのお蔭で軌道にのりつつあります。



ご愛用下さっているみなさま、本当にありがとうございます!



豆卸の


サンスマイルさんの松浦さんにはクリスチャンの畑に

2012年に来ていただき、それが大きなきっかけになり

クリスチェンも本腰を入れて栽培に力を入れてくれています。



松浦⒑

(2012年夏現地にて、クリスチャン、松浦さんと)




自然栽培の小麦を作っている人を見つけた時は

ワタクシ大変感動でした。

しかし出会った当初は、

作ったはいいが、ファッロ小麦は主にパンを焼いて販売、、

いまひとつ不安定な原材料の販売と日持ちのしない加工品のみの販売でした。


それがパスタに加工することになり、
そして
豆の販売についても先が少し見えたところに松浦さんの存在。

クリスチャン、とても喜んでくれています!




チェチは(1)にも書きましたが畑が順調に広がり、

収穫も順調ですが、



もう一つのレンティッキエ(レンズ豆)の方が、もう2年来てません。

クリスチャンの畑は過疎も過疎、



地形は平地がほとんどない山間部の農業をするにはかなり厳しい土地柄です。


レンティッキエという植物は丈が短いので、

傾斜がきついクリスチャンの畑での収穫での刈り取りがとても難しいそうです。



日本に数年来ない理由は

ずっと、刈り取る時にとりこぼしているためです!



ほんと、コンバインで刈りこぼしたと聞いた時は驚きましたが、

これが2年続いてるんですから。とほほです。



さてお豆の味なんですが

これは手前味噌ですが、

クリスチャンの手塩にかけて作られたチェチは、とてもおいしい。



ひよこ豆を食べ慣れている方こそ!その違いがわかるおいしさです。



またそれに輪をかけてもう一つの豆、レンティッキエもおいしい。

ワタクシ、元々はどちらもあまり好みませんでしたが、



特にクリスチャンの小粒レンティッキエは他と全く別物の美味しさ!

無いのに申し訳ありませんが、

だからこそ数年きていないので幻のレンティッキエ!となってしまいました。



そちらはおいといて、

チェチはね、ありますよ!たくさん!



どうぞ、チェチ、みなさん、注目!

豆料理苦手な方も注目!



現品はこちらです

BE01-e1444803559665.jpg

¥702/200g (1kgは只今品切れです)

クリスチャンのチェチ200g


チェチってどんなまめか、調べてみました。

こんなのがありましたよ。

成分表です。

ひよこ豆の栄養成分http://www.mame.or.jp/eiyou/seibun.html



いろいろな成分がありますね!

知らなかった。



歴史的にも最も古い小麦の栽培ですがその後にチェチやレンティッキエ栽培は始まります。





おいしい食べ方、いろいろありますが、

それは次のチェチのこと(3)で書きますね。





クリスチャンの全粒粉も販売が始まりましたよ!

クリスチャンの全粒粉ご購入はこちらから





チェチのこと(1)

ひよこ豆、アサクラでは「チェチ」とイタリア語読みそのままで販売しています。



そのチェチは

イタリアマルケ州で自然栽培に取り組むクリスチャンが作っています。



震災前の11月、

友人を通して知り合ったクリスチャン。



自然栽培の小麦ファッロを作る生産者を探してたご縁でした。

その年すぐにアサクラパスタ用に加工するためのファッロ小麦が

イタリアの大地に蒔かれそして芽が出てめでたく!



翌年にはクリスチャン自然栽培ファッロ小麦の全粒パスタ(セダニーニ)というショート麺に加工され

日本にやってきたのでした!



正直、あんまりよく売れませんでした。

パスタの形が悪かった!



そして翌年はタリアテッレという幅広のロング麺(名古屋のきしめんのような)に加工

販売、これがおいしくって、ビックリポン!



クリスチャンのファッロ小麦は引き続きタリアテッレに加工することになり定番になりました。



そしてワタクシも日本向けアサクラパスタ用のファッロは全てクリスチャンの小麦に移行したく、

彼にどんどん畑に種をまいてくれるように頼んだのです。



畑は休耕畑を借りて少しずつ広がったのはいいのですが!



クリスチャン、麦の翌年は豆をまいて

畑をローテーションさせています。



それで、アサクラ用のパスタ用小麦の畑の次は

彼、

他と同じようにチェチやレンティッキエ(レンズ豆)を蒔くのね。



そして3年目かに

クリスチャン「レイコさん、豆も買ってもらわにゃ~~」

「畑のバランスが困るじゃよ」



と、言うではありませんか!



豆~~~ぇ!!!???(@_@)



豆、ワタクシ不得意~~

と一瞬ひるんだのは彼はみていたと思いますが、



自分の都合ばっかり言ってられませんから。

しゃ~ないな~と

販売を引き受けることにしたのです。



そしてチェチとレンティッキエがその翌年に届き、

途方にくれましたが、



埼玉のサンスマイルさんは自然栽培の豆の卸問屋。

社長の松浦さんにはいろいろと、お世話になったりなられたり(笑)



そんなご縁で、サンスマイルさん経由で豆は販売していただくことを

お願い、そして松浦さん、快諾!



そんなわけで4年ほど前から豆の販売が始まったのでございます。






チェチ縮小15


画像は2015年夏 チェチの畑 一さやに一粒入っているチェチ!

続きはチェチのこと(2)に書きたいと思います。