自転車盗難

駅に着くとかなりの雨が降っていたためタクシーで帰宅。
翌日駐輪場に自転車を取りに行くと何度探してもない!
まさか~と思いつつよく探しても駄目。

翌日また見に行くがやっぱりない。
これで二度目の自転車盗難だ(ショック~)

ガソリン代が値上げ、
駅ぐらいまでは車で行くの辞めよう、銀行郵便局も自転車なら5分てことで
数ヶ月前に買ったばかりのママチャリだった。(書きながら又ショック~)

どうして人のもんを持っていってしまうのだろう。
盗んでるって感覚もないのかしら。

まぁショウガナイんだけどこのままでもなんなので交番で盗難届を。
駅前のおまわりさん、若手(20代後半位)もうひとりのベテラン(50台前半)
対になっての聞き取りだ。

若手の方が書類を代書しながら質問するが私に対して何度も‘奥さん‘ってのを連発する。

若手おまわりさん 『奥さんの自転車が盗まれたの?』
私          『は?』

私(内心)     奥さんって?だれのこと?と後ろ振り向きそうになりましたよ。
           3秒ぐらいして私の事かとわかって

私          『はい私の自転車なくなりました』

若手おまわりさん 『娘さんとかのじゃなくって?』

私(内心)     げ~娘?誰の娘よ。私娘なんかいないもん

若手おまわりさん 『じゃ奥さん、いろいろ聞くから答えてね~』

あんまり奥さん奥さんって連発してるので笑いこらえるのに必死でした。
その合間にベテランおまわりさんが私にいろいろ聞いてくる

ベテランおまわりさん『自転車置いてどこ行ってたの~』

私           『東京です』

ベテランおまわりさん『へ~仕事は何ところで?』

私           『食品輸入販売です』

ベテランおまわりさん『へ~何輸入してんの?』

私           『オリーブオイルです』

ベテランおまわりさん『へ~オリーブオイル単品?難しそうだね~』

私           『はぁ~オリーブオイル興味あります?』

ベテランおまわりさん『そうねぇ~健康によさそうだね~』


・・・時々若手おまわりさんが私たちを遮らないように盗難の方の質問。


私、ベテランに   『自転車みつかりますかね?おまわりさん探してくれるの?』

ベテラン       『そりゃ探すよ。でも自分でも探すんだよ~』

私           『自分で探すって・・・え?』

ベテラン       『町の中、置いてある自転車を見てるだけでも違うよ~ちょいのりが多いから
            その辺に放置してる可能性があるからね』

私(内心)      ちょいのり~冗談じゃないよ~しかし『まぁ盗まれた私が悪いんですね』と
            シュンとすると

ベテラン       『盗む方がわるいんだよ』と怒った顔で言っておりました。

こんなやり取りをし最後に書類に黒墨で拇印を押しその後現場検証。
人がたくさんいる中なんだか私が悪い事したみたいで恥ずかしかったワン。

若手         『じゃ奥さん、これで終わりですもし見つけたら警察に連絡くださいね!』

なんともさわやかな若手おまわりさん~奥さんはやめてくれ~~とも言えぬまま
私も『ハイ!ワカリマシタ』な~んて笑顔で答えて帰ってきましたよ。

しかしおまわりさんてやっぱり非日常のお人ですね。
後ろめたい事もありませんがなるべくかかわりたくないな~

最後に関わったのは高速道路で事故った時以来
(これはかなり笑える話ですいつかブログでかくつもり)


しかし|
自転車どうしよう~新しいの買うのもまだふんぎれない。
出てくるの待つにしろ会津はもうすぐ雪だ。
どうしよう~~
どなたかいらない中古の自転車ゆずってもいいひよなんていないかしらん。
スポンサーサイト

前のページへ