苦しく&うれしいデモ販・続

昨日のブログの反響はすごかった!みんな読んでくれてるのね。


デモ販も今日が5日目明日が最終日だ。やった!
今日も疲れたことは疲れたが明日が最終日なので
まるで長~いトンネルの先に光が見えてきた感じ。

終わりはもうすぐです。うれちぃ~


しかし昨日も書いたがいいこともある。
学びも多い日々であったことは確かだ。


今回は
今週のプロモーション、とう名目でグローサリーの真ん中あたりで
うちとワカメ屋さんと干物屋さん
三軒でそれぞれ販売しているが


五日間も一緒にやってるとみなと仲良くなってくる。


ダントツワカメ屋さんはお客さんがひっきりなしで
いつも人だかりだ。


私のすぐ隣の干物屋さんだってまずまず。

二軒とも販売が上手。



私は、ド素人ですから、まあこの二軒と対抗するなんてこれっぽっちもありませんが。

隣の干物屋さんのお兄さんと立ち話。


私『ねえねえ、干物以外のもんも上手に売れそうですね~
パスタも売れるんじゃないの?』と半分冗談。


二軒とも自分+マネキンさん(派遣の販売員のおばちゃん)を雇っており
マネキンのおばちゃんはいろいろな製品を売った経験があるそうで、

乳製品からオリーブオイル、焼肉のたれからソーセージ
ありとあらゆるもん。


おばちゃんは『なんでも売れるよ~』と二人とも自信満々だ。



干物屋のお兄さんは
私の問いに

『いやいや思いがないもんは売れないよ~』と。


ほんとその通り。
お金のことだけ考えていらたら
こういう販売では売れるもんを仕入れてがんがん売ればお金にはなるが

私はワカメ屋に群がるお客さんを横目で見ながらも


『私はワカメは売れない』

とつくづく思ったわ。


干物屋のお兄さんとおんなじ。


オリーブにかける思いはやかんの湯のようにぐらぐら沸騰、
9年目になるがそのお湯はまだ冷めない。
冷める見込みも当分なさそうだ。


私はオリーブオイル屋だ、

とこのデモ販をしながらまた再確認だ。


今日は初日に来てお買い上げくださったお客さまが三人も!

また買いに来てくれたのだ。

そのうちの一人のお客さまのリクエスト希望の念押しでこのデパートにオルチョが常設する事にもなった。


講習会でや今回の直売で末端のお客様に直接対話できる機会は貴重である。

毎回であるがよいお客様にオルチョは支えてもらっているというのは
やはり直接の対話で実感できる。


苦しいがやはり手ごたえを感じられるありがたい機会である。


最終日の明日、全力投球だ!







スポンサーサイト

前のページへ