スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかげ参り・最終章(伊勢の旅)

楽しみにしていた伊勢もうでも終え、
金児さんのお蔭で色々な伊勢についてを知ることが出来た。

古代ニッポンの神話の中の天照さま
お恥ずかしいが全く勉強もせず伊勢入り、もったいないな~とも思ったが
いやいや、何か感じ取る事ができるはず、

とそのままなだれ込むように伊勢入り、
しかしやっぱり何も知らなくても感じるものはあった。
言葉では説明できないが・・・・いろいろ・・・ね。


しかしいにしえのニッポンがどんな国だったのか、
神話の内容もどんなものなのか、ちゃんと勉強してみたくなった。

まぁ徐々に~~~


神宮といえば伊勢、

そしてもう一つ、大社の出雲。

あちらにも行ってみたくなる。
あちらはどんな神様がいるんざんしょうか?
全く知らない!〈赤っ恥)

きっと行ける時が来るだろうと信じ、伊勢神宮・内宮を後にする。


そしてもう一つの楽しみ。
おかげ参りの後は茶店でのお茶~~~
もちろん行くのは!


赤福店

赤福本店!

偽装後再開店して初めて。
しかし後遺症などみじんもない繁盛ぶり。

あれは一昨年の事でしたか?去年早々再開店したときには
朝5時からの開店時にもう人が並んでたとか。

金児さんも再開して間もなくいったそうだがもう店の回り中に列を作るお客さんの数に圧倒され
食べずに帰ってきたとか・・・
赤福人気は衰えてない~~~~~

偽装事件もあっちこっちで勃発しており
消えていくところもあれば、このように~~~

やばり300年の歴史は凄い!

赤福娘

伊勢・内宮の参道には計4件の赤福屋があり
この写真は本店、赤福娘が餡子を手で餅に付けています。

300年前からの製法でこれは本店でその場で食べるのにのみやっています。
3つ入ってお茶がついて¥280でした~

お茶もブンブク久茶釜みたいな金の茶釜で沸かした湯で入れてましたよ。

私たちは昼ご飯を食べ過ぎ~しかも暑かったので
赤福はやめて下記を

氷
赤福氷です。

はっはっはっは~~~
めちゃくちゃ暑かったので食べちゃいました~
しかし一個がかなり大きいので金児さんと二人で分けて食べました。

赤福氷ってなんでそう呼ぶと思います?

氷(赤福)

中に赤福が一個入ってるのです~~
宇治金時の変形です。

氷のきめが細かく、宇治シロップも甘さ控えめ~
赤福が引き立ちます~

二人で一個、丁度良い量でした。
氷なんて2年ぶりぐらいに食べました~~~~〈満足)

赤福折

これが折に入った赤福
翌日講習会が終わって金児さんちでおやつに頂きました~
濃茶と赤福、最高です~


松阪・伊勢--三重はおいしいものの宝庫です。
伊勢湾があり海の幸、
山・平野があり米をはじめ農産物がた~くさん
(しかし県外需要を賄うほどはないそうでほぼ県内消費で終わってしまうのであまり三重県産として外には出回らないそうです)
有名な松阪牛もあります。

牛はまぁ最近のものですが
山海のうまいものが山のようにあります。


神さまがこの地!とした理由はそれが主だったかもしれませんよね~















スポンサーサイト

前のページへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。