アサクラパスタが食べられるカフェ②

昨年秋、都内西荻窪にある長本兄弟商会さん2Fのレストラン『バルタザール』にあるアサクラパスタのメニュー
スパゲッティカムットを念願かなって食べてきた。

アサクラパスタを食べられるのは長本さんだけ、と思っていたら

もう一軒ありました!

それは地元会津『三番山下』さん。

今日は外回りを徒歩でして、あんまり寒いので
お気に入りのココでホットジンジャーを。

ジンジャー

ここは飲み物のラインナップがちょいマクロを意識してたりして、
身体にやさしいもんがあります。

お店も築何十年(戦前のものか?)もののレトロな建物をそのまま利用しており、
すべて昔の木づくりなので居心地がすごくよいのです。

お店の中は
レジ前
こんなかんじ。

今日久々に訪問したらレイアウトがちょっと変化。
(プチ)ブックカフェのようになっているではありませんか!
ブックカフェ
いわさきちひろの絵本、なつかしいぃ~

マンガもある!
レモン
古谷三敏って‘ダメおやじ‘ですよね?
レモンハートの名は知っていたが、古谷三敏とは!
ダメおやじを描いた人と同一人物とは。

14巻まで揃ってるので、

たまに来て少しずつ読もうっと。

レモンハートというbarに集う人とお酒のウンチクが書いてある、
おもしろそ~~です!


この三番山下、夜カフェもあり、

今夜は繰り出しました!(笑)

ペスカトーれ
スタッフ・ハヤシといろいろ頼みました~

そしてメニューを見ていると小さく
『夜のパスタは古代小麦アサクラパスタを使用』と書いてあるではないか!
(実は今さっき知りました)


スタッフハヤシと驚き~そして注文。

ペスカトーレは塩味。

アサクラパスタの麺の旨みがよくわかります~~
紛れもなく、アサクラパスタ・カムット1.8mm!


シェフのO君は麻布のフレンチレストラン(自然派の)でなんと、オルチョを使ってくれてたという方。
そのレストランは某自然食品店からオルチョを仕入れており、
裏ラベルの住所を見て故郷の会津若松と書いてあり、びっくりしたそうです。


数年後会津に帰り、この店を開店する前にワタクシの地元講習に来てくれて
その事を語ってくれ、ワタクシも驚きました~


そして今は、オルチョとパスタを使って料理してくれてます。

うれしいなぁ~

O君、前からはいやだいやだと拒まれ~仕方なく後姿

大越君
会津美里町の実家で自然栽培でお米や野菜も作ってるのです。


だからカフェでは一部自家米と野菜を材料に使用しています。


ワタクシのお気に入りのカフェでした~


会津にきたら是非来てね。
(月曜日がお休み)




スポンサーサイト

前のページへ