スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丘の上のポモドリーノを試す

やっと長旅を終え日本に到着の丘の上のポモドリーノ。


この産地はナポリ(海沿い)から車で2時間弱ほど内陸に入った丘陵地帯、
奥の奥地です。

ナポリは活火山・ベスビオ山のお膝元の町、そこから広がる街は火山灰土のため肥沃で
トマトなど野菜や花の産地としても有名です。

トマトは通常平地で作られることが多いですが、
(あの有名な縦長の加熱用トマト・サンマルツァーノ)

このポモドリーノ(チェリートマト)は丘の上で作られています。
8月の末から収穫がはじまり、9月一杯はトマト収穫で大忙しだそうです。


『丘の上のポモドリーノ』
丘の上のポモドリーノ
左にEUオーガニックのマーク(緑色)
中央下に『Bio Pomodorino di collina』とあります。
そのまんま丘の上のポモドリーノ~~


今日は早速試食をしてみました!

シンプル

『スパゲッティ・ポモドーロ』

いわゆるトマトソースのスパゲッティですが、これはナポリ人にとっては魂の一皿。
何はなくともこれだけは欠かせない一皿なのです。


ナポレターノ(ナボリ人)はトマトソースには玉ねぎなんか入れません。



トマト(チェリートマトがほとんど)と

極上のオリーブオイルと、オレガノ (+塩)だけです!

トマト-フライパン
フライパンにポモドリーノを12粒ほど。

今日はスタッフ・シライと2人だけだったのでこんなもんか。
果肉だけまずいれます。

にんにく(今日は暑かったのでスライスして風味を強めに)

塩・これも旨いやつがいい。


そしてオルチョね。(下のほうにたまってる黄色い液体がそうオルチョです)


火をつけて~~~
木じゃくしでトマトを潰してさっといためるとだんだん一体化してくる。

そうなったら
ソースフィニッシュ
果汁を加えてふつふつと更に煮詰める


3~5分でOK.
あんまり煮詰めると水分がとんじまうので要注意だ。
出来たら野生のオレガノをちょいと一つまみ。
これで本物スパゲッティポモドーロソースの完成!


倉庫はガスが一個しかないので、ソースが出来たらパスタのお湯を沸かす
今日はサラゴッラ小麦のスパゲッティであえてみる。

まかない縮小
すばやくあえて皿へ盛る。

あとはつべこべ言わずさっさと食べる。
ロングはソースとあえたらどんどん伸びるのが本物のスパゲッティだ。


そしてもう一つ。
ブルスケッタコンポモドリーノ

これは通常生のミニトマトでやるのだが
この丘の上で・・・やっていただいてもGOOO&BUONOなのだ

ブルスケッタ

トーストしたパンにニンニクを少々すりこんでおく。
ポモドリーノをフォークで砕き、オルチョ、塩、野生のオレガノ(上のソースと全く同じ材料)
でさっと味付けしてパンに載せるだけ。

これで至福の味・ブルスケッタがあっという間にできる。



真っ赤なトマト~~~夏はやっぱりトマトでしょ!

丘の上のポモドリーノ既に着いてますがいま、ラベル貼り最中で
出荷はもうちょっと待ってくださいね。

あとほんの数日です~~~~


Buon Apettito!












スポンサーサイト

前のページへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。