じゃがいも尽くし

【HPレシピに下記じゃがいもレシピアップしました 2012/2/28】 → ■レシピ 


今月GAIA御茶ノ水店さんの講習のお題は『じゃがいも』

尽くしで講習をはじめ早三ヵ月。
カリフラワー、ごぼう、に続きじゃがいもをやってきました。


じゃがいもなら新じゃが、って思ってる人も多いようですが、
はっきり言って新のじゃがいもは美味しくもなんともない。

みずみずしすぎ、その水分でじゃがいもの味がほとんどしない。


じゃがいものうまいのは、『今』なのです。

冬から暖かくなり春が近づくと発芽の準備のためにじゃがいもは糖分を蓄えるそうです。
また水分が出きってますからしわしわになります、

野菜の味はしゃきしゃき~みずみずしく潤っている時もおいしいのですが、
ほとんどの野菜が火を通し、そのもの自身の水分が出きったときにおいしいエキスだけが残り
味が濃くなります。
イタリア料理はこの手法を利用して加熱調理が多いのです。


というわけでじゃがいもの季節!じゃがいもの味をぎゅ~っと詰まったこの時期こそ
じゃがいも料理をする時です!

じゃがいもも色々な品種があり、一昔は『男爵』か『メークイーン』しかありませんでしたね。
しかし、今はさまざま~

カレーやポテトサラダにはこの既存の二種でよかったんですが、
イタリアンは煮崩れ料理を気にする必要があまり無いので

最近出てきた切ると黄色い品種

『キタアカリ』『アンデス』『とうや』などがもっともふさわしい。
じゃがいもの味が濃く、黄色が料理の仕上がりにとてもおいしそうに見えるのでおすすめです。

下記はGAIAさんの『キタアカリ』
いも尽くし
この時期にキタアカリがあるのは珍しい。
秋に収穫したのかしら?IFのイマイ店長が北海道って言ってたからそうかも。


さて何をつくったというと。。。。
4品やりました!

GAIAさんでは料理ライブってことで写真を撮る時間的、気持ち的余裕が全く無いので
改めて料理をつくりHPにもレシピをアップする為につくりました。

croccantino.jpg
これ以前にFBにアップし、大反響のあったレシピ
『じゃがいものクロッカンティーノ』です。

ハッシュドポテトをオルチョで焼くのです。

じゃがいもとオルチョと塩、そしてフライパンがあれば作れます~
おやつにも最適です。あ、ビールやワインのアテにも。

そして
じゃがいも煮物
じゃがいものシンプル煮物・ケッパー風味

これはめちゃくちゃ簡単、鍋に全ての材料を入れて煮るだけ~~
ケッパーの美味しさ、旨みをたっぷり吸って、究極のハーモニーかも。

ガトー2
こちら『ガトー』。

『トー』にアクセントをおいて読みます。
ナポリの郷土料理。

じゃがいものマッシュグラタン、と訳しましたが
これもおいしい~~~子ども大好き~ナポリの老若男女もみな大好き~~~

つくり方の詳しくはHP見てね。


そして最後、メインが


じゃがいも、といえばやはりニョッキでしょう~~
ニョッキには小麦粉が入りますが、まずい小麦粉だとまずいニョッキになるので
小麦粉も吟味してね。

卵を入れなければ小麦粉を多めに、
卵入りだと小麦を減らすことが出来、じゃがいもそのものの旨みが楽しめます。

ニョッキ
この画像だけ、GAIAさんでやったそのものです。
最後のメニューだったので撮れました!

じゃがいも・キタアカリが650gで約8~10名分位出来たかな~
じゃがいも一人60~80gと見てつくるといいかもしれません。


各つくり方はHPの『レシピ』にアップいたします。
ちょっとお待ち下さいね。
できたら、お知らせいたします。


ところで~


じゃがいもは、芽が出ても、しわしわになっても、おいしい。
しかし『芽』や周りの青い部分は絶対食べないこと。

ソラニン、という毒物ですので~
お子さんのいる方はより注意してください。

ただそぎ落とせば大丈夫です~~
芽がでてきたしわしわじゃがいもは宝物~~~本当においしいです、お試し下さい!









スポンサーサイト

前のページへ