イタリア春の報告 4

アサクラ農園に別れを告げ、


アントネッラと共にウンブリアを目指します!


5~6時間かかる道中ですが、あれやこれやと
話に盛り上がります!


まずは昨年の反省。
収穫や搾油、人の手配や搾油所の件。

ラベルの貼り方がいつも完璧なのに、今回入荷分はイマイチだったな~とか
(節約のために自分で貼ったそうです・・・とにかくイタリア人の仕事は雑!)



それはもうやらないとかやるとか、

この道中で大体話が済みました。

今年のアックアサンタは更に良いのになると思いますよ。


日本販売を開始して5年目のアックアサンタが今発売中のもの(在庫些少)
そして今年6年目、アントネッラは新たな決意をし(ワタクシと共に)


またより良いものとなっていくと信じます!(笑)


こうやって、初年度から今まで、アックアサンタが少しずつオリーブオイルらしくなっていく
過程、いまもその過程真っ只中ですが、


アントネッラにもオリーブがよりよく育つような環境作り、オリーブオイルが出来るよう
最善を尽くしてもらうようにしますし、

ワタクシもそれが損なわれないように叱咤激励!しながら
また日本に到着するまで、してから、皆さんのところに届くまでに

がっつり、監視管理していきます。
この良くなる行程はご愛用くださる、購入していただく方がいて初めて完結します。
そして次に繋がります!



自然栽培農家を増やす、そして農地を増やす事は、
環境も変るということです。

ピュアな土地が広がり、地下水がきれいになり、生態系が変り、空気が変り、

ワタシクたち人間に、それは良く跳ね返ってくるのです!!!


この辺り、どうぞ今後とも末永く、生産者育成のためにご協力いただきたくお願い申し上げます。


さて~~
車中では盛り上がります~

夏のツアーの件や、更年期障害、閉経!なんてね~そういうお年頃ですからワタクシたち!(爆)

なんとなんと、アントネッラは恋がしたい!だって!

え~~って。ワタクシ(笑)

笑転げるやら、真剣になるやら、道中は退屈することなく
遅くなったので途中クリスチャンの家に泊まりました。


久々のクリスチャン家!

三人の子供が元気よく~~
夜遅くなってにもかかわらず寝ないで待っててくれました。

ワタクシは彼ら三人と一緒に寝ました。
イタリアでは珍しい木の床、
階下で薪ストーブもたいているのではだしでもあったかいお家。

翌朝はなんと学校にも行かず、ワタクシたちにまとわり付く三人。
三人

左から一番下の次男 ラビ、中央が長女のジョイア、右がいちばん口が達者な(お口上手の)ジョバンニ。

三人とも、お父さんクリスチャンの作る小麦と豆が日本に運ばれている、というのを
充分理解しており、

地球儀をみながら、イタリアと日本の距離を見て目をぱちくりさせているんです。
かわいいったらありゃしません!


クリスチャンとミケーラ(妻)は遅くなったワタクシとアントネッラに
温かい夕食を用意してくれていました


どれも素朴なものでしたが、それはそれはまさに「愛」が込められたものばかりでした。

レンズスープ

彼らは自給自足なので、
主力作物、ファッロ小麦でチャパティと

貴重なレンティッキエ(レンズ豆)とパスティエーラ(米粒大の小さなパスタ)のスープ。

スープは水煮しただけのレンティッキエにパスタを入れただけの薄い塩味。

驚くほどのおいしさです!なんの出汁も入ってないのによ!
それにパルミジャーノを削っていただいたのですが、

腹が減っていたので、チーズ無しでも充分美味しい。
こんなにも、人のぬくもりの感じる料理も久しく食べてなかった、と思いながらいただきました。


手前はファッロ小麦のチャパティ。

ほうれん草
ほうれん草(これも自家製)に、にんにく(これも自家製)とオリーブオイル(これは義父の農園の)で炒めた物を
詰めたチャパティで、この詰め物のほうれん草のおいしいこと!

肉を少し入れたの?と思うぐらい、旨みが濃く、
アントネッラは、にんにくが旨みを出してる、といいます。

にんにくの味がこんなにも出るって、これでワタクシ、目からウロコ!すごい~~~って。


翌日はこのチャパティを温めなおし、クリの友達が山で採った蜂蜜をつけていただきました。
はちみつ
何枚でも食べれる!
とまらない~~~

ファッロ小麦の甘く滋味ある味が病みつきになります!
粉、マジうまいです!

粒
ファッロ小麦。

今回、少量ですが販売してみました。
向こう側は全粒。手前は少しだけ外側をすりました。三分搗き。日本に来たのは手前のです。


三分搗きにしした事で、煮える時間を短縮、食べやすくなっています。
おいしいよ!

米と同じに炊くか、パスタのようにゆでるか、お好みにどうぞ。

レシピを教えて下さいと問い合わせありますが、

基本、「米」と同じです。
一度、炊く、茹でる、をしてみると

イメージが沸きますので、
ご自分のオリジナルレシピを工夫してみて下さい。

スープや汁物にダイレクトに入れてもOKですよ!


レンティッキエも今年は収穫しやすい平地に畑を借りることが出来たのでアサクラ向けに種を蒔いて貰いました。
その芽が丁度出始めていました。
レンズ芽
今年こそ、収穫取りこぼししないで上手に収穫できますように!
その前に、健やかに育ちますように!

クリのレンティッキエはものすごい小粒の品種で、まあおいしいことおいしいこと!
これは是非、アサクラのお客様に食べていただきたいです。
昨年産はゼロ。

天候とクリの収穫にかかっています!





スポンサーサイト

前のページへ