スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサクラ農園のオリーブすくすく


地球の地軸が1kmもずれているそうで、天候がさらに厳しくなったのがそれを実感する毎日です。


地軸の傾きのため、

夏はさらに暑く、冬はさらに寒い、
というのが

もう平年並になっていくようなのです。



ということは、人間も植物もこれに沿って生きていかなければならない、ということです。


オリーブは暑さには強いのですが
寒さがどれだけ厳しくなるのでしょう。


とくに最近2~3年はイタリア、ワタクシ関連の生産者がこぞって、雨が多い、といいます。



雨が多いと困る!
人間都合ですが、しかし自然はそうはいきませんね。
ワタクシたち人間がコントロールできないのが自然ですから。



雨が多いとありがたい、って状況や暑ければ都合がよい、って
今の状況を都合よくするには相当の年月が必要になります。


ワタクシたち、そして植物たちは

古代からこの変化の中で生きてきて進化してきたものですね。

オリーブは8000年の栽培の歴史があるといわれています。


この8000年の流れではさまざまなことがあったことでしょう。
その流れで生き延びて進化したオリーブ、の力をワタクシは信じたいと思います。



そしてずっとこれからも永遠にワタクシたちに自然の恵みを注ぎ続けてくれることを信じます。



イタリア、アサクラ農園からこの週末のオリーブの画像が届きました。
すくすく育ったオリーブ。

太陽と、ペンネ(イタリアアブルッツォ州)の大地と風と雨と

プラス人間がまだ知らない未知の自然の営みの中で育ったオリーブたちです!



こうなると、変化の中で生きざるを得ない植物とワタクシたち人間や動物。
この変化を進化に替えて生きていくすべを見つけていくのが知恵のある人間の使命なのでは、

と思わざるを得ない。

ワタクシは、何ができるのだろう。
未来への進化のために。



IMG_5175 30
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。