次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/?overture" target="_new
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-177.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーボンオフセットと便座

カーボンオフセット知ってました?


日常生活で必ず出てしまうCO2。
これを吸収する木を育てることで、
出してしまったCO2(=カーボン)を埋め合わせ(=オフセット)しようというのが、
「カーボンオフセット」


CO2の排出を抑えるには化石燃料に頼る生活を見直すことが一番。
しかし排出量をゼロにはできない。

そこで植物がCO2を吸収する機能を利用して「カーボンオフセット」だ。

排出したCO2を森林に一時的に貯蔵してもらい、
CO2を吸収してくれる森林を育てる事で、温暖化に歯止めをかける。



ふ~んなるほど。

CO2については前も書いた事があるが
何気ないところからがんがんCO2が放出されているってのが
多分、普通の人はわかってないだろうな~




冷蔵庫や電話機などスイッチオフにすることが出来ない電化製品もあるが
使ってない

例えばテレビやエアコン、パソコン、
はたまたトイレの便座の暖房など

常に電気コードがコンセントにはまってるものってあるでしょ?
あそっからもCO2ががんがん放出されてるんだって。

だらか使わない電気製品の電気コードは抜かねばね。
電気の節約もさることながらCO2排出を抑えることが出来る。


カーボンオフセット、結局募金して排出したCO2の分を木を育てて
植物にそのCO2を吸収してもらう。

なんだかほんとにそんなことできるのか?という感じだが
自然は凄いね、
木〈植物)はCO2を吸って酸素を出してくれる?
実にありがたい存在なのです。


実際は、


●テレビ4-5時間見ると CO2 75kg放出

=一年に3本のヒノキを育てると CO2 75kgを吸収

●車で東京⇔名古屋 2往復で CO2 400kgを放出

=一年に16本のヒノキを育てると CO2 400kgを吸収


なんだって。

今はこの募金活動は終了してしまったようですが、
これを一つの目安にするのはどうだろうかと思う。

なるべく無駄な電気は使わぬよう。


そうそう、あのトイレの暖房便座って冬は気持ちい事は気持ちいいのだが
どう思います?

オーストラリア人だったか、日本通の外国人女性の本に書いてあった。
日本人のいいところ、わるいところをおもしろ~く書いてあるのだが

あのトイレの暖房便座ほどばかばかしいものはない!と言い切っておった。

冬は確かに冷たく座った瞬間はヒヤッとするが

一瞬ではないか、と。


私はこれを読むまでは、暖房便座必須派であったが

それを読んで、ハタと。

なるほど~~

そして実際その冬から暖房なしでやってみたら
これが、意外と、大丈夫なのですよ~~~暖房なしで。

彼女の書いてるとおり。
最初だけ。

あの使用してない時間の多いトイレの暖房便座は無駄だな~とは気がついており、
パナソニック製だったかの座った瞬間にあったまる最新のを購入しようと思ったが

それから馬鹿らしくなり、購入はやめ、
今年の冬は暖房なしで一冬を終えた。

全く不自由はしなかった。

たまに来る母は、

な~んてケチな娘、といやみを言っていたが

確かに、70過ぎた年寄りにはきついかも。


ケチはケチでも志は深いのである。




スポンサーサイト

All Comments

アサクラさんはこのような話題も語られていたのですね。素晴らしい~!

そうなんですよね。極力無駄をしない生活をした上で、CO2排出と吸収の環境バランスを保てばいいわけですよね。改めて納得。
こんな取り組みがあります。
http://www.lingkaran.jp/project/forest/index.html

ここまで問題が大きくなってしまっては、一人の力では一挙に解決とはいかないけれど、一人一人が、自分に使うつもりの分をこういったことに投資したら、みんなと幸せに、そして私たちを生かしてくださる地球に恩返しできるなぁと思います。

URL | 2009/05/01(金) 14:30:09 | キャサリン #EDWa1T.Y | [ 編集]

キャサリンさん

初書き込みありがとうございます!

オラウータンの森、読みました~
かなり深刻な状況なんですね。地球の肺・インドネシア熱帯雨林が半分以下になってるとは!
【以下サイトから抜粋】
主な原因は、パームヤシなどのプランテーションを開墾するために放たれた火や、農民の焼畑による火だといわれています。また、この年はエルニーニョ現象による異常乾燥の年でもありました。ちなみにパームヤシからできるパームオイルは食用や洗剤、さらには燃料と幅広く利用されており、私たちの生活にも深く関わっています。

インドネシアのオラウータンの住む森⇔私たちの生活 
の図式なんですね。全く関係ない話では全然ない!
できることをしていきましょうってことと、重要なのはその事実を知ることですね。

URL | 2009/05/01(金) 21:30:10 | アサクラ #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。