次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-210.html

ダイヤモンドでなくウンチだった!アックアサンタオイル③

畑をざっと見学しオリーブがとても健康なのがよくわかり
期待にわくわくで収穫を開始。


もちろんアサクラ農園と同じ手摘み。
手摘みといっても一粒一粒つまむわけではなく、枝を手でしごく、または小さな熊手のようなもので
こそぎ落とす方法だ。

IMG_2684_convert_20091114225241.jpg

赤いのが熊手、これがよく出来ておりシンプルな形だが葉を落とさず傷めず
果実だけが引っかかり下に落ちるようになっている。

果実は傷まない。

IMG_2606_convert_20091114230704.jpg


私は母アントネッラと組んで収穫をする 
この後ろ向きの女性がアントネッラ
大女!(身長170mはあるな-横幅もたっぷりある!)

IMG_2769_convert_20091114225724_20091114225929.jpg

崖っぷちにある大木。
たわわについている実を私と二人でとりかかる。
これは収穫が始まって数日たった頃の様子、
アントネッラも私がズブの素人・猫の手ではないとだんだんわかって来た頃(笑)

IMG_2595_convert_20091114225809.jpg

私も7mあるはしごを持たされ、かなり高いところに上って収穫。

はしごはかなり長く、木製だから重いのなんの!
そして下から見上げるとこんなかんじ

IMG_2728_convert_20091114231450.jpg

すごく高い。剪定がいままでほとんどされていない為、
木が伸び放題になってる。
そして伸びてる高いところにおひさまがたっぷり当たるからか実がごっそりついてる(泣)


しかし~~とっても不思議でした。

7mの先端まで登って更に高い枝の上によじ登ってさらに!手を伸ばして横に伸びた枝を伝って
手を伸ばしてこそぎ落とすんですが、
不思議と恐怖感はわかない。


横に一杯一杯伸ばした手でこそぎ落とすとき、
しなってくれる枝、そして足元のオリーブの木自身は私の身体にピッタリくっついていてくれるかんじ。

それはあたかもオリーブの木に守られている-という確信の元、恐怖心が沸かない。
本当に本当に不思議だった。


実際何度か落ちちゃったんですが(笑)
下の土も軟らかなので怪我は一切無し。


一回落ちると恐くなりがちですが、それも無かった。




私はオリーブに守られている、と本当に思った。



【前のエピソードへ】 「ダイヤモンドでなくウンチだった!アックアサンタオイル 2」
【次のエピソードへ】 「ダイヤモンドでなくウンチだった!アックアサンタオイル 4」








スポンサーサイト

All Comments

オリーブに守られている

うわ、なんだかゾワッと感動しました。

こんなに高いところにのぼって、それも度々落ちて! でもでも恐怖心をもたないでまた収穫にのぞめるなんて。

アサクラさんにはオリーブの神様がちゃんとついているように私も感じました。この連載もすっごく楽しみです。どうか毎日とはいいませんが、どんどんアップしてください!

オリーブ、写真からでもすごくいい「気」を感じます。

URL | 2009/11/15(日) 08:31:07 | さかな #TRcOFq4w | [ 編集]

さかなさん

いい気が感じられる、でしょ、そうでしょうそうでしょう。実際そうですから!
このアックアサンタオイルシリーズですが‘ウンチ‘に今日は見てくれてる某夫人に‘なんで?‘とちょっと軽蔑のまなざしで聞かれました。やっぱりちょっと強烈で下品なお題だったかな~と反省ですが
私じゃないです、アントネッラがいった言葉からの引用ですから。
ちょっとヒントだしちゃいますが‘うんち‘=汚い・汚物、っていうことじゃないですからね、断じて。
まぁお楽しみに読み勧めていってくださいませませ。
どんどんアップするつもりです。

URL | 2009/11/15(日) 20:35:24 | アサクラ #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する