次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/?overture" target="_new
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-219.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タネのはなし

1月の木村さん・野口種苗の野口さんの講演会は楽しみですね。
先日はその野口さんの勉強会があり一足先に参加してきました。


タネ屋の野口さんは以前、虫プロ(手塚治)に勤めてらしたんですって。
タネ屋の店先にはアトムが飾ってある。かわいィ~
話しぜんぜん違いますが、ワタクシ、今手塚治漫画にはまっています。

ブッタ9巻まで古本屋で手に入れて読みましたがその先が無い!
誰か持ってる人いませんか?


手塚マンガの話の内容ももちいいですが絵がいいのよね~
何ともいえない人懐っこい絵。

あ!
話は種の話でした。


結論から書くと、野口さんの話を聞いて暗~くなってしまった。


だって余りにひどいんだもん。タネ屋業界が!

野口さんはパワーポイントを使い詳しく説明してくれたんですが

一言で言うと


種はタネ屋の陰謀でまともな野菜のタネがこの世にほとんど存在しないってこと!



まともなタネがどういうものかって、いう定義も難しいような簡単なような。

タネは土にまけば芽が出ます、
芽が出て葉っぱが出て実がなって~~~

実がなれば種もまた取れます。

そしてそのタネをまけばまた芽が出て・・・・

永遠にそれが続くわけです。


しかし!


今出回っている種は効率よく発芽させ生育し均一な作物が作れるように
タネを掛け合わせたりなんだりして人間の都合のいい種に作られたものです。

その掛け合わせる種があかん~~~


掛け合わせるタネは全て奇形を使用するのです。

まともな種と奇形を混ぜて何年か種取りすると最終的には奇形特性が残った種になる。


F1(エフワン)って聞いたことありませんか?
一代交配種といい、まいた種は一代しかタネが種として存続できない、そういうもので
実がなって種をとっても同じようには作物が取れないのです。


世の中のタネはほとんどがFIなので奇形の作物を食べることになる。
もう無農薬とか有機とかのレベルの話ではない!


こんな奇形を食べてるせいで、男性の精子が何年も前のヒトの何分の一に減ってるそうで
チンパンジーの精子の数と比較してもそのお粗末さが・・・・

この食の変化が不妊の大きな原因、とも野口さんおっしゃってました。


そりゃそうだ~イノチの無いタネで出来た作物なんてカスじゃない!

アックアサンタのアントネッラが言ってたイノチのあるもん。
これが作りたいのよ~


F1のタネじゃ話にならん。


ところで自然栽培ってのは種も厳選するんです。
タネは在来種、固定種(自然のタネってこと)でないと肥料なしでの栽培は不可能。


私はこの話を聞いて種子からつくる一般の油に対しても更に不信感を持ったし、


私が扱うカムット小麦のパスタの凄さも改めて再確認。
カムットはアメリカのモンタナ州の山の中でしか作ってない。

タネが自然受粉しない地区のみで作っている、固定種を守っていく為だ。


同じくアサクラパスタのファッロ小麦も凄いぞ!
これは種の中に違う性質の粒が二つ入っている。
自然受粉しても他の花粉を受け付けない。
ファッロはファッロにしかならない、自己防衛本能の極強い粉小麦なのです。

FI種や遺伝子組み換えとは混ざらない。


野口さんのタネの話を聞いてオリーブオイルの凄さとアサクラパスタの古代小麦パスタの凄さを
改めて良さがわかったし、

しかしそれにしても普通一般の野菜がとんでもないことになってることにはもうがっかり。

やはりそういう意味でも固定種のタネでまいて作る自然栽培がこれから主流になっていかなければならないんだって思った。


人類のイノチを守る為にも、自然栽培が必須なのです!

1月の木村&野口講演に行かれる方、
その辺、よ~く勉強してきてください!


12月27日追記です。

これを読んでくださったからの重要な指摘がありました。

私の上記の表現ですとFIは‘悪‘と読み取れますが、(実際私はそう理解していました)
そうではないとのこと。

FIと固定種の今後の共存がこれからの課題だそうで、
FI全てが‘悪‘では無いとのこと。
(いい)F1種の確保のために現在どのような技術があり、その問題点が何なのかを皆さん知らなければならないと。

「F1」というのは、メンデル法則によって説明される生命現象の多様性の一部だそうで、自然の流れの一つなんですね。
問題なのは人間の経済活動に伴って、どのような技術を使ってF1種を確保しているか----
それが子孫を残せない種に問題があるとのこと。
ちなみに単純なF1種では、二代目は親の形質がめちゃくちゃに発現してはきますが、種できるそうです。

このようにどのようにFIを作っていくかが非常に重要できちんとしたものであれば
これから必要なもの、ということです。


なるほど~~ですね!
私も勉強不足でした。指摘をしていただいたKさん、ありがとうございます!
もっともっと勉強しなくっちゃ!











スポンサーサイト

All Comments

だよね、、、、
人間界の間違った欲望のつけがそこにも、きているんだよね!
ふざけんな、、だよね、、もう、、!
でも、仕方がない、間違いはある。
今から本物の時代が来ます!!
私はそういう知識にアンテナをいつも張っておきたい。

URL | 2009/12/25(金) 13:10:13 | きみもに #- | [ 編集]

きみもにさん

ほんと、ふざけんな!ですよ。
そうそう間違いはあるし気がついた時点で変えていけばいいんです。
本物の時代、もう来てますよ~
一人ずつの力が大きなものになっていきます~

URL | 2009/12/25(金) 17:29:27 | アサクラ #- | [ 編集]

TPPの遺伝子組み換え作物の問題を調べてここにたどり着きました

田舎の野菜がたまにものすごく美味かったりするのは、もしかしたら原種なのかもしれませんね。
自分もそだてたくなりました。
エフワンはまだ自然交配ですが、遺伝子組み換えは、もう完全に自然を冒涜した行為ですから、恐ろしいですね

URL | 2011/11/24(木) 01:36:40 | やすくに #- | [ 編集]

やすくにさん

コメントありがとうございます!
最新エントリーのブログは小麦の話を書いています。
やすくにさんのコメントで改めて野口さんの講演での話を思い出し、パスタ製麺所のマリオさんの話とダブりました。
シンクロにシティーですよ!
しっかし種のことについてはもっとみんな知るべきですよね。

URL | 2011/11/25(金) 17:30:05 | アサクラ #- | [ 編集]

おお!お返事ありがとうございます
嬉しいです 是非とも読ませてもらいます

URL | 2011/11/25(金) 23:38:20 | やすくに #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。