次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/?overture" target="_new
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-246.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア報告記(ワイン編)

ロレンツォ

久々に訪れたピエモンテ州(トリノが州都)アスティのロレンツォさん。

地質学者が本業であるロレンツォさんだが家に続くワイン作りも受け継ぎ
栽培や醸造すべてこれまでやってきた方法をそのまま受け継いでいる。

こだわり、と言ってしまうと薄っぺらだが
周りはどんどん近代的な農法で肥料や除草剤をほどこす化学農法に変化しているのに逆行し
彼は肥料を施さずに除草剤も使用しない。

なので畑は草ぼうぼうだがふっかりふっかふかの畑
ロレンツォ土
この畑は50年以上機械を入れずにすべて手で作業をしているそうで
何重にもなる草のベットはふかふか~
歩くとふっかふかなのです。

出来上がるワインはもちろん極上。

ブドウ
一本の木から7~8房収穫するのが普通だそうだが
ロレンツォさんは木をよくみてその木にあった房数を収穫、大体1本から3房位しかとらないそうだ。

出来上がるワインは~それはそれは素晴らしい。
この地で飲むからこそおいしい。

ドライなイタリアの気候風土にピッタリ。
熟成させて(4年ほど)飲むタイプのワインなのでどっしりしたお料理に合うワインです。


今回はボローニャに所用で行きました。
北にあるロレンツォさんのアスティから車だと4時間ぐらいアドリア海側に南下。
ここの名物の赤ワイン・ランブルスコを現地で何年ぶりかで頂く

ランブルスコ
軽い発砲の効いた赤。
2年熟成させ飲むわりと軽めの甘いワインは女性に喜ばれる。
飲みやすいのでついついたくさん飲んでしまうが
結構度数が高く、酔うのは簡単!要注意。

ボローニャはエミリアロマーニャ州の州都。
エミリアロマーニャといえばパルマの生ハムやパルミジャーノの本拠地、
食の都でもある。
生ハム


甘い発砲赤が塩辛い生ハムやチーズにピッタリ。
ワタクシも少々頂きました。真ん中のピンクっぽいのがボローニャ名物モルタデッラという巨大ソーセージです。

トルテリーニ

エミリアロマーニャといえば!トルテリーニ!
生パスタが有名ですがこれは餃子?いやワンタンか、
ワンタン型の麺に肉やチーズを練りこんだものを詰め帽子型にまとめます。
これを色々なソースであえたり、このようにブロード(コンソメ)の中に浮かせて食べる。

ワタクシ、数あるメニューからこれをチョイスしてみました。

どんぶりに目一杯入っており、これだけで腹が一杯に・・・
セコンドは食べれない・・・・

ランブルスコは発砲なので腹が膨れる・・・・
やっぱり私は北イタリアは駄目だわ。

おいしいのですが、一回きりでもういいや~~~~

とアサクラ農園は花が終わってかわいいオリーブの果実がつき始めておりました。
春の剪定をしてくれるメンバーの一人、ウギーノの家に呼ばれてランチをご馳走になりました。

ウギーののワイン
ウギーノはほぼ自給自足の生活をしており野菜から生ハムからそしてワインも自家製!
夫婦二人でほぼなんでも作ってしまう。

ウギーノのハム

チーズは違うが生ハムはぜ~んぶ彼が作ったものだそうだ。
ボローニャで食べたのより断然うまい!

ワインも昨年のもの、寝かせて美味しくなるタイプではないが
とても重厚な味だ。
この日は物凄い暑さだったのだがウギーノの冷やしたワインが最高に美味しい。

私はワインは好きだが日本ではまず飲まない。
必ずと言っていいほど二日酔いに悩まされるから。

ホメオパシーの先生にもワタクシはアルコール分解酵素がほとんどないとのこと、
やめろ!といわれ治療する中、
少しぐらいならいいよ(ただし品質の良い物のみ)

と禁酒を解除され体調がいいときは飲むがワインにはほとんど手を出さない!
しかしイタリアで飲むワインは二日酔いがない、
これはどういうことか?

日本までの長旅にワインがいかれないよう、かなりの添加物が含まれていると予想される。
アルコールに酔うのではなく添加物にやられるからだ。

輸入ワイン、いいもの(高価)だからってこれが何も意味しないのは
ワタクシの身体が証明する。

イタリア~添加物のないワインは現地だけ。
レストランで飲むハウスワインもよし、
極上のロレンツォさんのワインが飲めるのも、幸せ~
ウギーノの田舎ワインも最高~~~

あ~思い出したらまた飲みたくなってきた!












スポンサーサイト

All Comments

アサクラさま、そのワイン飲みたい

URL | 2010/07/20(火) 12:01:46 | きみもに #- | [ 編集]

本来のもの

混ぜものする必要なし。 食べて旨い!
日本には少なくなってきたね(泣)

なきゃ作るかと開き直りの自給自足目指し三年目!

URL | 2010/07/20(火) 19:08:47 | ともあき #- | [ 編集]

私も!

私もきみもにさん同じく、そのワイン飲んでみたいです。

ワインの次の報告はなんだろう、ワクワク!

URL | 2010/07/21(水) 18:07:35 | さかな #TRcOFq4w | [ 編集]

きみもにさん 
どのワインが飲みたいですか?
ランブルスコは日本でも購入可(ただし輸入品の一般品・・・)
ウギーノのは現地、彼の家に行かないと飲めない!
しかし~
ロレンツォさんのは飲めますよ。

●ナチュラルハーモニー
下馬店、横浜絵プランツ 銀座店
で購入できるはずです。
詳しくは問い合わせてね。

ロレンツォさんのワインが日本で飲めるのは奇跡かも。

URL | 2010/07/21(水) 22:06:25 | アサクラ #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。