次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-263.html

農園もろもろ

収穫請負人リーダー、ジュゼッペです。おだやかな人柄と仕事の確実さで私は全面信頼しています。イタリア人にしては珍しい愛妻家でもあります(恐妻家とマザコンがほとんど~あっ日本も同じか?)

IMG_2013_convert_20101022210822.jpg

冗談ばっかりのジュリオ。
夕方になると(決まって4時以降)ワタクシに時間を聞く。早く帰ってスパゲティを食べるんだって。因みに彼ら三人は夜明け果実が見えるようになる7時から夕方6時までびっちりやってくれる。昼メシはチーズと野菜やハムが挟んだだけの大きめパニーノ一個だけ。
あんまり食べると動けないそうで夕方はどっと腹が減るそうだ。夕飯はふた皿のパスタをたべるんだって。

IMG_2015_convert_20101022211135.jpg

最年長のアントニオ
とにかく『おっかない』が彼の最初の印象。六年前の初年度の収穫時、外国人のワタクシをみるなり『なんでオマエがいるんだ』モードでワタクシを睨むように見、始めから終わりまで一言も口をきいてくれなかった。
とにかくこわいオッサンだったアントニオ。しかし!六年目にしてやっと仲良くなれた。やっとやっとです。

IMG_2014_convert_20101022211106.jpg

みんなで集合写真~
集合写真.JPG小


ワタクシの昼メシは自分で作る。
農園にはボロ屋兼トラクターなどおくガレージになっておりそこに簡易クチーナ(ガス台)と水場が有ります。限られた中で昼メシを自炊するのですが昨年作った山のようなトマトソースの瓶詰めがあるのでそれにニンニクとアサクラオイルを少々加えソースを作りアルデンテにゆでたカムットスパゲティをぶち込むだけ。
毎日そればっかり。だけど労働後の空腹は最高の調味料。飽きないしほんとにおいしいのです。

IMG_2017_convert_20101022211208.jpg

農園にはオリーブ以外にもフルーツの木が点々と有ります。
初夏の枇杷やすもも、秋はいちぢくそして写真のリンゴがなります。
リンゴは品種が三種ほど。

このリンゴはまったく剪定と摘花(花を摘み取り実のなりを調整する)
をしません。だから実が小さいのですが、これが素晴らしく美味しいのです。
20年肥料が入っていない畑ですがその前は牧畜をしており
リンゴは虫や病気に少々やられています。

自然栽培の理論、土のバランスが崩れるとそのバランスを調整し本来の土に戻る為に土の上に生える植物が土を浄化するのに一役買います。

バランスかとれてないのは牧畜の時の動物の排泄物がまだ残っている為と考えられます。
リンゴはそれを吸うことにより虫が寄ってくる。

リンゴが吸った余計なもの(窒素分)を虫が取り除いてくれるーーー。

こういう理論です。

リンゴだけでなくアサクラ農園は下草を刈り取りません。

リンゴと同じに草が余分な窒素分を吸い土が本来の状態になるようバランスをとっていきます。

オリーブには虫が付きにくくダメージはリンゴのようにはありませんが、
こうみると青森の木村さんのリンゴが虫食い病気なしで立派に実るというのは大変なことで、偉大さがわかります。

そして草も虫もなにもかも自然のサイクルの中で無駄なものは何もない。
全てに意味かあり存在する。

しかもよくなる為になのです。
凄いと思いませんか?

農薬や肥料で取り戻そうとする自然の力が失われてしまう。

時間はかかるけど土本来の力を引き出すことで肥料も農薬も使わない栽培が可能なのです。

しかしうちのリンゴも味は木村リンゴに負けないおいしさなんですぞ!

IMG_2016_convert_20101022211152.jpg
スポンサーサイト

All Comments

いい!

信じられないくらい美味しそうね!
すごい経験をなさってる、、私も立場違ってたらそこで
手伝いたかった。

URL | 2010/10/22(金) 22:07:38 | きみもに #- | [ 編集]

きみもにさん

コメントありがとうございます~
美味しいんですほんとに!
美味しさとは舌で感じる味わいや食感だけでなく
その場の雰囲気や空気の流れや
誰がどういう風に、どういう思いで作ったのかを知った上で、、、などなど
いろんな要素がからんで五感で味わいます。
五感で喜べるおいしさをたくさん味わいたいものですね。栄養素云々以外の有効成分がたっぷりなはずです。
きみもにさんいつかお手伝いに来てくださいませませ。

URL | 2010/10/23(土) 05:36:54 | アサクラ #- | [ 編集]

アントニオに認められて
良かったなあ~(笑)

人も土も一緒やね
自然に調和した労働。
最後やね!

URL | 2010/10/24(日) 19:06:48 | ともあき #- | [ 編集]

ともあきさん
そうなんです、たぶん彼の中で外国人という垣根がとれ一人の人間として認めたーーんだと思います。六年かかりましたよ。
長かったわぁ。

URL | 2010/10/25(月) 22:32:05 | アサクラ #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する