次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-273.html

イタリアの味

秋から冬にかけてのイタリアの味覚、
色々あるけれど、あれもこれもと自分の欲求どおりに食べれないのがタマニキズ、

しかし
限られた中でもイタリアの冬の味覚もいくつか味わった。

トマト、ズッキーニ、巨大ピーマン、など夏の代表的なイタリアの野菜の味の美味しさは
表現しにくい、とにかく美味しいのです。
しかしこれらはなんとか日本でも味わえますね。


日本では味わえない、イタリアでないと食べられないものの代表がこれだ!
ワタクシの好物~
カルチョーフィ生
アーティチョーク。

これは朝鮮アザミなんて辞典に出てますが、
上の頭の部分は花。
花のつぼみのガクと茎を食べます。

茎はせいぜいつぼみの付け根から5cm程度まで食べれます。

ガクの部分が柔らかく美味しい。
カルチョーフィ酢.JPG15
つぼみのガクの部分、外側の花びらを何枚かむきガクだけになったものを蒸し煮して
少々のビネガーを加えたもの

これはおいしい。
軽いビネガーのすっぱさがアーティチョークの独特の食感と味とがからまって美味。

アーティチョークそのものの蒸し煮は筍と里芋を混ぜたような食感と味をもっていると
ワタクシはいつも思います(なんだか分けわかんない?)

とにかく美味しいのです。

冬の野菜のもう一つの代表はこれ!
フィノッキ
フィノッキ。

ウイキョウなんて訳してますが、下の白い部分を食べます。
いろいろな料理法がありますが、

なんといっても白い部分を縦に6~8等分に割り、生でぼりぼり食べるのが美味。

口の中にフィノッキのなんとも言えない爽快な味が一杯に広がります。
アニス、って知ってますか?それのもっと軽い風味です。

食感はセロリだな。

日本にはない風味と味の野菜。
栽培は日本のネギのように土を盛り上げて白い部分を大きく太らせます。


そしてオルチョのジョバンナさんちに行くと楽しみなのがこれ!
モッツアレッラ.JPG15
左の結んであるのがモッツァレッラ。
もちろん本場、‘ブッファラ‘(水牛)のものです。

右も水牛のリコッタ。
穴の開いたかごに入ってます、豆腐のように水切りしてあるのです。


めちゃうまい、二つの生チーズ。

ワタクシ、通常チーズは食べませんが、これだけは楽しみです。
うますぎ~~

リコッタは、モッツァレッラを作った後に残る乳清の中に更に凝固材を加えて脂肪分のほとんど無いチーズをつくる二次製品なので味がぱさぱさ、結局、旨み分の薄い‘抜け殻のチーズ‘とワタクシ理解していますが、

これは別!

舌触りもトロリンコン、クリーミー、

旨みがしっかり残っております。

これが楽しみです~

食後はこれ
リモンチェッロ
ジョバンナさん手作りのリモンチェッロ(レモンのリキュール)

瓶は冷凍庫に入れてあり、糖度と高いアルコール度数のお陰で凍りません。
グラスに注ぐとトロリンコン。

リモンチェッロはワタクシ、ずっと昔に習った作り方、

90度のアルコールにレモンの皮のみを1週間漬け込み、取り出し、
水と砂糖同量を煮立てシロップを作りレモンの皮のエキスの染み出たアルコールとシロップをあわせて
出来上がり。

簡単に作れちゃいます。
日本では度数の高いアルコールを見つけるのが難しいですが
45度程度のウオッカでもOK.

ジョバンナさん曰く、本当のリモンチェッロはアマルフィ海岸沿いの特殊なレモンでのみ
本物が作れるそうです。


その辺のレモンじゃ、駄目だそうですよ。


ジョバンナさんのはアマルフィ産ので作ったそうでそのせいか、本当においしい。


いずれも大層なものではありませんが
現地でないと食べられないものばっかりです。


日本には無いものが無いほど何でもあるけど、こればっかりは無理でしょ!?






スポンサーサイト

All Comments

たまらない魅力だ

もう!全部好物だ、、、カルチョフィ、、つまりアンチチョークはパン粉とパルメザンはさんで蒸すのが好き!オリーブ油かけて、、!日本は高過ぎて買えない、、作りたい。もう5年以上食べてないかも。
フィノッキオ、、フェンネルはダイエットにいいんだよねーカロリーが無いのに甘~くて、、、あ~~~~食べたい!日本でフェンネル何回か作ってみた事あるわ。広い畑がないから、少し。
誰かたくさん作って安く売ってくれ~~!カルチョフィもだ~!頼むよお~~!
ブッファラは、パルメザンみたいにレンネットとか不要?聞くは一時の恥ということで^^;/

URL | 2010/11/21(日) 09:09:41 | きみもに #- | [ 編集]

カルチョフィはほんとおいしいっすよね!
そのままをちょっと開いて生ソーセージ(サルシッチャ)を詰めて蒸し煮したものを
花弁?花びらを一枚一枚ちぎりながら口の中でチュウチュウガクの部分のみを吸って食べる、もう初めて食べたときは大感激でした!
ワタクシ、北海道で大量に生産してる人とあったことがありますよ、どうも築地市場に行くみたいです。やっぱしレストランに行くんですよ、そういう特殊野菜は。
でも日本でもできるんじゃないかしらん、フィノッキよりは簡単な気がします。
フィノッキは盛り土するんですよネギのように。下の部分を太らせないのであれば結構簡単。盛り土!
あの味(アニスのような)はなんともいえませんよね、あれ嫌いな人もいるかも。
紀伊国屋で巨大フィノッキを一個¥1000で売ってるのみたことあります(苦笑)
きみもにさん、自分で作るしかないっすね。
ブッファラもカーリオって凝固材使いますよもちろん(羊の胃から取るブツね)
ベジには厳しいか!

URL | 2010/11/21(日) 17:20:29 | アサクラ #- | [ 編集]

貧血しらずのの野菜?

目を凝らして読みました00
ありがとう~
この野菜達は作る価値あるよ、、カルは鉄分も豊富なんだった!

チーズ好きなんだよなあ^^;カーリオ抜きで出来ればいいのにぃ、、たまには食べよ!イタリア行ったらね。

URL | 2010/11/22(月) 23:13:39 | きみもに #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する