次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-290.html

今日のまかない・旧正月を祝う

節分にふさわしい快晴の今日。
朝はかなり冷え込み、会津若松市内でダイヤモンドダストが見られました。
すごいすごい!
これは晴れていないと見られない、
空気中の水分が凍って、キラキラ~

倉庫に向かう車の中でユーミンの♪ダ~イィヤモーンダースト♪としっかり歌ってしまう。
なんて題名だっけ?

今日から旧暦で新しい年!新年!

今日のまかないはお雑煮を作りました。

お雑煮
羅臼の昆布とタイコウの鰹節(花くらべ-本枯節の機械削り)でだしをとって、
海のしずくで塩味を。


そしてナチュラルハーモニーの天然菌で醸造した醤油・蔵の雫
少々ですましに仕上げ、

お餅を焼いて~

かぶと人参と青みがチンゲン菜ってのが愛嬌~
野菜は別に塩煮して

すましを完成させて焼いたお餅と野菜を加えて盛り付けました。

出汁の味がなんとも~贅沢~癒されます!

出汁って言うと引頭先生を思い出します。
出汁のいろはを教えていただきました。


一緒に食べたスタッフ

『出汁とるーと考えただけで億劫』と

しかし実際にとるとそんなに難しくないし手間も要らない。

頭の意識をちょいと替えれるか、だけだ。




昆布とかつおの旨みの相乗効果はすばらしい!

という訳で

今年もどうぞよろしくお願いします!






スポンサーサイト

All Comments

新年に

開けましておめでとうございます!!今年もよろしくね~
おいしそう、、、、、

URL | 2011/02/03(木) 21:42:53 | きみも #- | [ 編集]

新年快楽!

旧暦の新年を迎えた次の日、今日は立春。
会津もあたたかい日になりそうですね。

まかない、ごちそうさまでした。おいしかったですねぇ!!
webメインのスタッフになってからも、まかないにはおじゃましている食いしん坊の私です(^^;

あの味のおいしさに目覚めて、きっとスタッフ2名も出汁をひくようになるんじゃないかしら。「暮らしの手帖」に載った引頭先生の出汁記事、もっていこうかしらん。

昆布もタイコウさんの鰹節もおいしいし、野菜もうまく、そしてそしてナチュラルハーモニーさんのお醤油、蔵の雫は絶品ですね。本当においしい! あらためて、贅沢なお雑煮をごちそうさまでした!

URL | 2011/02/04(金) 08:25:01 | ハヤシ #TRcOFq4w | [ 編集]

きみもにさん ハヤシさん
コメントありがとうございます。

昆布&鰹節、また干ししいたけでもですが
一つより二つの材料でとるとよりおいしくなります。
A+B ではなく A×B に
なるということです。
旨みが深く重厚になります。
おいしくシンプルに調理すると『舌』がどんどん敏感になっていきます。
行き着くところは原材料・野菜や米、お醤油やみそ、オリーブオイルなどひとつひとつのおいしさが舌で感じられるようになっていきます。
毎日調理する人はそれを見ずして流してしまってるのではないでしょうか
シンプルに料理するとそれがわかります。
まず、ほんものを食べる、ほんもので調理することですね。
出汁はその第一歩と思います。

URL | 2011/02/04(金) 09:39:56 | アサクラ #- | [ 編集]

朝倉さま、さかなさんさん(笑)
ご無沙汰しております。
10周年以来、お声を聞いてませんね。

お雑煮、だしがきいて、さぞおいしかったことでしょう。
1回あの旨みを経験すると、また味わいたくなりますし、1回1回の食事の満足感が得られます。
やみつきになるおいしさです。
とはいえ、脂焼けしたかつお節や煮干では、やみつきになるのは無理、本物の鮮度の高いものを選びたいですね。
オルチョのやみつき感も同じ。
そう思って使っています。

身体にいい、本物の食材を知っていると
余裕と自信が生まれ、ラクになります。

毎日でなくても、いい。
ここ一番!というとき、
オルチョや
おだしの使い方を知っていれば、
きりぬけることができます。
しかもシンプルな料理でね。

たとえば、これはここ一番という訳ではありませんが、
最近、仕事の打ち合わせは、
おむすびと汁物にしています。
そしてお漬物とお茶。

これが、ものすごく喜ばれるのですよ。
ビルの中でPCに向かう職場から
みえるわけですから、余計にね。
赤ちゃん(10ヶ月)連れの方もありますが、
赤ちゃんこそ、味がわかりますから身を乗り出してだしを飲み、もっと、もっと、と、何度も要求し、
ゴクゴク飲んで、コテンッと寝てしまいます(笑)。
次回からは、もっと積極的になります。
前述の、やみつきです。
おかあさんは、驚き、最近は、だし取りをし
始めました。曰く「4歳の長男も主人も、汁物は残さず飲み干しますし、食事を楽しみにしてくれるようになりました」とのことでした。

そういうのをみてて、つくづく思うのですが、
おむすびと汁物が用意してあれば、こどもたち、スナック菓子やジュースに手が伸びなくなるんじゃないでしょうか。量が少なくなるとか・・・・。
「古いッ」とかいって、一蹴されちゃうかな。

だしを取り上げてくださったことが嬉しくて、ついつい。
スレンダーですが、太ッ腹に感謝します。

ユーミンのタイトルは「ダイアモンド・ダストの消えぬ間に」。
今日の記事で、ダイアモンド・ダストがどういうものなのかがわかりました。感謝です。

URL | 2011/02/04(金) 15:05:08 | 引頭 佐知 #- | [ 編集]

一気に春の気配!
木も空気も空にも春の力強さを感じます。

みなさん今年もよろしくお願いします!

URL | 2011/02/04(金) 20:23:07 | ともあき #- | [ 編集]

きゃ~~引頭先生!
コメントまずはありがとうございます。

はずかし~
先生はもう見抜いてらっしゃると思いますが、
『すまし』が濁ってる。
この言い訳をさせてくださいませ^^;

会津さん100%のもち米使用、という頂き物の角餅を焼いたのですが。

焼きすぎちゃった上にすましの中に入れてちょっと時間が経ちすぎたかなと思いつつもお玉ですくったら餅が溶けだして(これは本物のもち米粒を搗いたらこんなことにはなりませんが、たぶんこの餅は100%会津産のもち米でももち米の『粉』、だったに違いありません。
本物の餅は溶け出す、なんてこと長時間煮込まない限りありませんから)

すましが濁ってしまった。
画像でそれがわかるので、知る人が見たらばれるだろう~と思いながら画像アップしました。

ということで、濁りは餅のせいです(笑)

引頭先生のコメント、なるほどです~
勉強になります!いい話ですね!

そうそうダイヤモンドダストの消えぬ間に、
でしたか~
そんな長い題だったんだ。

引頭先生、今年もよろしくお願いします!


ともあきさん

ほんと春の気配ですね~
春の力強さ~~ワクワクしますね。
このワクワクは雪国に住む人だけに与えられた特権ですね。

URL | 2011/02/04(金) 21:10:50 | アサクラ #- | [ 編集]

引頭先生、だいじょうぶです。私のハンドルは「さかな」でとめているので、さんは一回で(笑)。さかなクンさんのように敬称は不要です~♪ふふふ。

出汁ですが、ずっと出汁はひいていたのですが、引頭先生の講習会に出てからはひくのがより楽しくなりました。子どもたちも朝のおみそ汁を「ああ、おいしい」とごちそうさましています。私も自分でつくっていながら「うん、おいしい」と思う朝夕です(笑)。

赤ちゃんこそ味がわかるというのは、とてもわかります。ごはん(おかゆ)もちょっと代わると、すぐわかるのは赤ちゃんでした。

味のみだけでなく、美しいものにも敏感ですよね。子育てしている時の楽しみはわらべうたを歌うことでした。赤ちゃんの時がいちばんいい笑顔をみせてくれます。歌っている私も幸せになるほどに。赤ちゃんってすごいと思います。

と話がそれました。
また出汁のお話聞かせてください。いつもブログをおいしそう~とながめております。

そして、「スレンダーだけど太っ腹」にも同感。朝倉さんはホント、スレンダーなんですが太っ腹、男前な方です。

URL | 2011/02/05(土) 09:58:45 | さかな #TRcOFq4w | [ 編集]

優しい味

初コメントします。新米スタッフsです。

いつも美味しい「まかない」をいただいて本当に幸せな気持ちになります。

朝倉さんの作って下さる「まかない」は体の細胞に沁みわたっていくのが、
かなり鈍感な私でもすぐに感じました。

義務で作り食していた食事が変革を起こし、シンプルで優しい味に目覚めているところです。

ケッパーのうまみにハマッているところでしたが、
先日の「おぞうに」のだしの味を
舌が催促するので早速「おだし」をとってみようと思っています。

あの味が出せるのかなぁ~
まずはトライしてみまーす。

URL | 2011/02/05(土) 14:35:33 | 新米スタッフs #- | [ 編集]

すごい!盛り上がってますね~今回のブログ、
違うネタに移りたいんですが(笑)

スタッフハヤシはモノ書き系が本業なので文章表現がうまい(すみません手前味噌・スタッフ自慢で^^;)
うまいコメント書くよね~
出汁もとってオルチョもバリバリ使いこなし、3人の子供、もちろん夫様にもきちんとご飯を作ってる主婦スタッフなのです。あっPTA関連とか、町内会の組長とかもやってる(笑)

新米sスタッフもばりばりの主婦です~
主婦は義務での‘調理‘にどうしてもなってしまいます。しかし~‘おいしい‘ってスイッチが頭に入ると今までの生活習慣に変革が起きますね。
彼女らにも私のまかないと引頭先生などアサクラに関わる人々からそのスイッチをどんどん入れていってもらいたいなぁ~

URL | 2011/02/05(土) 20:23:01 | アサクラ #- | [ 編集]

私も引頭先生のだし取り教室に参加して以来出し取りが当たり前になりました。
日本人に生まれてよかったなあとしみじみ幸せな気分になります。
だしのおかげで薄味でシンプルな料理が美味しいです。
私もまかない食べに行きたいなあ~

URL | 2011/02/05(土) 20:26:36 | misako #- | [ 編集]

こんにちは~初コメントです♪
おいしそうなお雑煮ですね!
写真だけ見るとポトフかな?という感じですが…
お雑煮というと短冊に切った大根、人参のイメージなのでちょっとびっくり!!
前回の引導先生のだし取り教室には参加できなかったのでぜひまた第二回だし取り教室in会津の開催をお願いします!
引導先生、朝倉さん、よろしくお願いします。

URL | 2011/02/05(土) 22:22:32 | kaori #- | [ 編集]

朝倉組のみなさま。
ありがとうございます!

若いころから「だしさえ取れば、料理なんてカンタン!」と
言ってきました。事実、カンタンなのです。
例えば切干大根。サラダ油で炒めて、
だしと醤油だけで炊いてみてください。
だしが切干大根の香りや旨味をしっかり引き出します。
召し上がった方は「切干って、こんな味だったんだ、
こんなにおいしいんだ!」って感動します。
旨味があるということは、そういうことなんです。
調味料の種類、減らせます。調味料の種類が少ないから、
素材そのものの味、香りが味わえるのです。


今日の生徒さんは、復習で切干大根を炊き、
ご近所のハードに働く女性の看護士さんに
おすそ分けしたそうです。
「届けてから即、電話がきて
『いままで生きてきてこんなにおいしい切干、初めて!
なんでこんなにおいしいんですか』と感動されちゃいました。
「だしの力よ」って、だしの宣伝しときました」

看護士さん、だしに興味津々、だし取りする気満々だそう。
小さいけれど、こういう広がりは、手応えがあります。

朝倉さん、
さかなさん、新米Sさん、misakoさん、
これからも、どうぞよろしくおねがいいたします。



URL | 2011/02/06(日) 00:10:13 | 引頭佐知 #- | [ 編集]

Misako さん Kaoriさん

雑煮ですが、地方ごとに色々なタイプがあります。東北は具材を細かく切り(キューブ状、短冊状など)しょうゆ味にしてお餅を入れるのが普通なので写真の雑煮には違和感があるかもしれませんね。
東北地方のやり方だと色々な具材を小さく切って出汁(いわゆる昆布と鰹の)と一緒に煮ることにより出汁に野菜の旨みというより雑味が出てしまうのですまし仕立てには向きません。醤油や味噌をそこに入れるならそれらがうまくまとめてくれるのでいいのですが。
今回はすましの味の『凛』とした味をスタッフに食べさせたかったのであえて関東風というかそれぞれの味を決めてから重ね合わせる方法にしました。材料はもっと繊細にそれ風に切ればよかったのですが、いつものオルチョ講習のごとく、がが~~~っつて作りました。しかし味はよかったですよ。


引頭先生

先入観のない人の琴線に触れるコト、それができるって
すごいことですよね。
切干大根でそれが出来るんですから。
これは食べ物だからこそですよね。
よっぽど美味しかったんでしょう。
看護士さんは激務でしょうが、その方には出汁とりに、はまってもらいたいな~
おいしい=かんたん
が21世紀の料理のキーワード。

というわけで会津組みは出汁とり講習楽しみにしてまして、またやりましょう!

URL | 2011/02/06(日) 14:13:55 | アサクラ #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する