次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-315.html

人事を尽くして天命を待つ①

今日(すでに昨日)は3月28日月曜日。
会津は素晴らしくいい天気に恵まれた一日でした。


土曜日にやっと会津について初出社、倉庫に出かけようと玄関を出ると
空気が澄んでる!おいしい~~


と同時に、この美味しく澄んだ空気はもしかしたら既に汚染されているかもしれない。
いや、している、していない。。。。

と自分の中で自問自答しながら歩き出す。


私の住む会津は福島県。


いまやチェルノブイリと並ぶほど世界的に有名になった‘FUKUSHIMA‘

未曾有-これ以上のことは無いのではないかというほどの事故がおきてしまった。


過日のブログではイタリアで立ち往生し、
それからイタリア人や日本の友人の力で私が出来ることをイタリア内でやってきたと書いた。

書いたお陰で『その内容はいかに?』との問い合わせがあまりに多く、
取り急ぎ、今、仕事が山積の中これ書いてます。


今回私は、運良く被災を免れた。
地震後何日も続いた余震も経験せず、

10000km離れたイタリアで『ある意味』客観的にこの震災を凝視していた。
今日、日常に戻り、被災した人としない私の差ははっきりとある、と実感している。


だからこそ、元気だし、元気だからやれることをやるしかない、

と今切実に思う。


テレビ新聞ネット、情報が山のようにあるのにも目がやられて閉口するが、


思うに、


何よりもまず、冷静に事実を知ること。だと思う。



イタリアではNHKは地震直後数日、リアルタイムでみる環境にいた。
また
イタリアのニュース、そしてBBCなどの
外国のニュースなどを見比べ、あきらかに日本で伝えられている‘安全‘は


信頼性に乏しく、


なぜにこのような大事故を起こしているにもかかわらず


『大丈夫』『安全』ととれるようなニュアンスの報道をするのか、疑問だった。


そして何より、チェルノブイリを経験しているイタリア人の発言は
もともと私も前知識があったのだが、彼らの言っていることは私を震えさせるには十分すぎるものであった。


チェルノブイリと今の福島原発


チェルノブイリがレベル7
福島が6(28日現在レベル7か、とも言われています)
スリーマイル島が5

と現時点ででている。


かなり、大きな事故であったことがわかる。


チェルノブイリを知らない人はいないが、改めてどんなものなのか、
ネットで色々調べることが出来る。


ベラルーシという国をご存知ですか?
チェルノブイリに隣接する国で被爆した国、
下記のサイトは昨年日本人の女性が視察したときの見聞録。

ベラルーシ共和国

チェルノブイリがどのように被害があったのがわかると思う。そして今現在・・・・


そして、こういうのもあります

原発メーカーで原発製造にかかわっていた方です。
平井憲夫さん(1997年故人)
「原発がどんなものか知ってほしい」


繰り返すが、何度も『安全』『健康には影響が無い』と言い切っている学者たち、政府の見解、
そして東京電力。


本当にそうなのであろうか?


私は毎月、オルチョ通信というのを発行しているが、
3月号は『依存からの脱却』という題でコラムを書いた。


まさに、今、国民一人一人が何がしかに頼らず、数多ある情報を知り、判断、


自分がどうするか、どうしなければならないかをしなければならない時です。



地図帳で今、確認してみたのだがチェルノブイリからイタリアは1500kmも離れている。

ロシア~ウクライナ、チェコなどの東欧、アドリア海を越えてイタリアがあるが、
その時の影響はこのユーラシア大陸にそって全ての国にチェルノブイリの影響あり、今でもあるのです!


イタリアにいるときに出来るだけ情報を入手しましたが、
取り急ぎ、オルチョのジョバンナに報告書を依頼しました。


残念ながら、帰国早々で仕事が山積みしており、


また頂いたお見舞いメールや電話の返信で時間がありません!

また出来次第、ジョバンナからの報告をアップします。



ただ、私はイタリアから会津に戻ることを選択しました!

まだ状況は刻々と変化していますが、今のところは会津で活動をします。(多分ずっと)


これは、やりつくせる事はやる、


そして私が以前から口をすっぱくしてオルチョ講習会で言ってきたことが今こそ、大事だと思っている。



『食でこの困難を乗り切る!』


長崎や広島の原爆で被爆した人たちがいます、

その人たちはいまだに元気で生きている人もいる事実、


ここからもヒントがもらえそうです。
詳しくはまたアップ出来次第書く事にします。



一つだけ、大事なオルチョやパスタ、アサクラのアイテムたちについて。


これからの日本の食糧事情を考えるとこれら我アイテムは更に大事なものとなっていきます。
これらの安全を確保する為、関西に倉庫を移す決断をしました。


あらしぼりをご予約頂いた方、
いま少しお待ち下さい。


あらしぼりは無事に関西の倉庫に眠っています。
まだ少し時間がかかりますが、必ずご予約順に発送していく予定です。



そして!ご心配くださったたくさんの方々、
こんな中、ご注文を下さった皆様、


数々のみなさんの応援、私は一生忘れません。


スタッフ一同、心より御礼を申し上げます。
本当にありがとうございます!







スポンサーサイト

All Comments

玲子さ~ん。

お帰りなさい。。。。
我がfukushimaは、世界のfukushimaになりました。
私達福島県人は、まず正しい情報を共有して一歩一歩進んで行くしかないですね。

URL | 2011/03/29(火) 14:09:18 | 比丘尼 #- | [ 編集]

朝倉さん
お帰りなさい!

そうだ粗しぼりだ!!
この災害下の混乱と、新規店舗オープンで
粗しぼりの予約を忘れていました!

ダメ元でファックスします。

朝倉さんの今後がすごく楽しみです。
会いたいです~。

URL | 2011/03/29(火) 15:20:04 | umezu #- | [ 編集]

みなさん、コメントありがとうございます!
umezuさん、ご予約たくさん御礼申し上げます!
あらしぼりは、発送の目処がまだ立っておりませんが、4月の中旬位までには、なんとか、と今目標でスタッフ一同がんばっております!
どうぞよろしくお願いします。

それと非公開のコメントくださったKさん、
すごい情報ですね!
これは公開したいので、③で要点をご紹介したいと思います!

URL | 2011/03/30(水) 21:13:57 | アサクラ #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する