次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/?overture" target="_new
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-350.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアの風

facebookに投稿したものをブログにもまとめました。
facebookに登録されている方は朝倉の名前を検索してくださると見つかると思います。ぜひご覧下さい~(ハヤシ)


9月5日帰国までイタリア報告しますね。
イタリアの‘風’を感じていただけるといいな。

イタリアの風、まずはこれ。写真向かって左は通常の便器、右はいわゆるビデです。何の為のモノか私ははじめて知った時は衝撃でした。

イタリアのトイレ


ローマに泊まりました。
一夜明けBARLまで朝めしがてら散歩。↓パン屋のウィンドウです。

パン屋さん


カフェラッテ•フレッダ(氷なし)めちゃうんまい!
ベースのエスプレッソがうまい。震災後久々に牛乳のんだかも。

カフェラッテ•フレッド(氷なし)

カフェラッテ・フレッダは冷蔵庫から出した牛乳に熱いエスプレッソをいれたものです。
ですから常温ですね。朝一番には身体に心地良い温度です。
パンはコルネットと呼びクロワッサン生地のパンの中にクリームやチョコクリーム、ジャム、プレーンがあります。
これはクリーム!



下の写真は昨夜泊まったアパートの階段です。美しい~。

螺旋階段

泊まったところは、バチカンのすぐそば、Via Bu Melianaです。
15階建てのapartamentoでした。
重厚な石造りの建物はかなり前のもののようです。写真では青い階段にみえますが、これは青みがかった大理石です。
天井までたっぷりの空間、マーブル、木材もいいものです。

周囲を散歩してみましたが、バチカンの側だけあっていずれの建物もエントランス部分から重厚です。

古いものを簡単に取り壊さない、生かして進化させる文化は優れてます。また古い街並みが残り美しいのは超厳しい『規制』があるからです。『自由に壊せない』『素材や色は統一』『洗濯物は干せない』などなど~その積み重ね、規制は悪いことばっかりじゃないって、古いヨーロッパの街並が教えてくれます。








スポンサーサイト

All Comments

どこも日常が変わってきてるなあ~
素朴なパン屋 いいね~

URL | 2011/08/24(水) 11:29:15 | ともあき #- | [ 編集]

この写真にうつっているパンは40x20cmはある大きなものだそうです。

いい原料と乾燥した気候がおいしいパンをつくるそうで、ほんとうにおいしそう♪

URL | 2011/08/25(木) 08:23:51 | ハヤシ #TRcOFq4w | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。