次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-357.html

イタリアの風 丘の上のポモドリーノ

丘の上のポモドリーノ、大好評で1000本が一か月しないで完売しました。
ありがとうございます!
※生産者の写真を追加しましたー
再び追記:加工の写真、できたてポモドリーノでつくったパスタ写真を入れました

さて、今回真夏のイタリアに来た目的のもう一つ。
緊急輸入したこの丘の上のポモドリーノの原料と加工工程の視察です。

ナポリから100km中心に入った標高700mから900mの丘陵地にあります。
東側のアドリア海からも100kmあり南部のへそに位置します。
Montecalvo Irpinoモンテカルボ イルピーノという、
大概のイタリア人は知りません。小さな村です。

0903-1.jpg


下の動画は車から撮ったものです。
私のナレーションではイレニア海といっていますが、ディレニア海のまちがいです。



↓生産者のアントニオと私。
このスナップは、トマトの収穫前にモンテカルヴォのチェントロストーリコを
案内してくれてカステッロで撮ったもの。

0903-10.jpg



通常ミニトマト栽培では棒を立て上に伸ばしますがここは地這え。

0903-2.jpg


摘むのは比較的楽ですが腰をかがめての作業なので大変。

↓おばあちゃんも一緒に作業します。

0903-3.jpg

鈴なりのチェリートマト!!

0903-4.jpg

少なくとも同じ場所で五年はトマトは作らない輪作だそうで病気にならないよう工夫してるそうです。

↓トマトのない部分に注目!
五月から一滴も雨が降らないそうで、
しかし粘土質の土が冬の間にたっぷり水を含んでおり夏の日照りにも負けないそうです。

0903-5.jpg

トマトは水がない方が甘く濃厚にできます。
アンデス原産地に似てるかも、と思います。


さて、次の動画は私も作業しているところです。



朝7時から11時まで合計14カセットとりました。
11時を過ぎると急に陽射しが刺すように暑く焦げそー

日中は休み夕方5時から陽がくれるまでやるそうです。

黙々と手伝ってたら突然パンを差し出された!トマトでどうぞだって!





この丘の上のポモドリーノですが、
3~4年前まではまあまあ売れてたそうですが最近はさっぱり売れなくなってしまったそうです。

何故かと聞くと、

安い中国産が大量に輸入され、国産ものは全く売れなくなってしまったそうです。

イタリアもどこに行っても不景気な話しばかりで、

割高なオーガニックモノは余計敬遠されるのでしょう。

元を辿ると『中国産』にぶち当たります。

野菜も果物も服も雑貨もありとあらゆるものが国産から輸入品に。

食料自給率の100%に近いイタリアですがどんどん崩れていくかもしれません。

経済効率と政治力で世界中が大きな渦に巻き込まれているような

なんだか寒気がするようでした。


ではもう一度生産者をご紹介します。
アントニオと奥さんのジェラルディーナ。

0903-9.jpg

すてきな夫婦でしょ。
もうちょっとアップにしてみます。

0903-8.jpg

そしてこれは末っ子のカミッラ、私も入った写真です。

0903-7.jpg


さて、
前の記事に書いた質問の答えは、ここ丘の上のポモドリーノの生産者アントニオのところでした!

では、今度は加工の様子をみてください。

洗浄したポモドリーノは選別 、ヘタをとり皮がついたまま生を瓶に手で詰めます。

0905-3_convert_20110905120741.jpg

生のポモドリーノに煮詰めたトマトパッサート(ジュースから更にトマトの水分を抜いたもの)を充填します。

0905-4_convert_20110905120802.jpg


ジェラルディーナが出来たて丘の上のポモドリーノで早速料理してくれました!

0905-1_convert_20110905120659.jpg

滅菌密封まで一通り見て、お昼はもちろん出来たて丘の上のポモドリーノでパスタ!

0905-5_convert_20110905120825.jpg

0905-2_convert_20110905120719.jpg

美味しくて大満足!

ポモドリーノの出来と完成品の味を見てから次回の輸入を決めるつもりでしたが

これならまた輸入できます。

アントニオに念を押されました。

『レイコ、
ポモドリーノ栽培に適した土壌、恵まれた太陽光、極々少ない水、
そしてビオ、もちろん添加物なし、市場には出回らない希少なものなんだよ』と。

私も
『うん、うん、わかってるよ』

と、こたえた。









スポンサーサイト

All Comments

お金より価値のある、命を養う本来の食べ物が評価されない時代です!
正しい価値観をもち本来の食べ物を本気で守っていきましょう。

URL | 2011/09/03(土) 15:35:09 | ともあき #- | [ 編集]

ともあきさん

本物を食べ続けたいですね。

URL | 2011/09/04(日) 07:03:16 | ハヤシ #TRcOFq4w | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する