次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-358.html

イタリアの風 小麦生産者

アックアサンタのアントネッラから
自然栽培小麦生産者を昨年紹介してもらいました。

イタリア中部ウンブリアと、アドリア海に向けて隣りの県マルケに入り口。
思えば遠くに来たもんだ~
かなり奥地まてきました!

生産者の名はクリスチャン。

最初に七月末に収穫したファッロを見せてもらいました。

20110905-1.jpg

向かって右が全粒
左が五分搗き。


古代小麦ファッロを自然栽培しているクリスチャンは、
パーマカルチャー実践農家です。
彼の畑に向かう道端にこれが!
私、『なに、これ?』

20110905-6.jpg

これ、千葉の中島デコさんとこのブラウンズヒィールドと同じ。
ウンチにオガクズまぶして発酵させてます。
全然臭わない。
クリスチャンの畑では果実にだけ肥料として施してるそうです。

20110905-7.jpg

この家族がクリスチャン一家です!

20110905-8.jpg

さて、畑は山間にあり、
全く周囲からのネガティブな影響のない畑。
山裾の手前がファッロを七月刈り取った畑。
土がゴロンゴロンしてますね。

20110905-2.jpg

土。
こんなかんじ。粘土質。

20110905-3.jpg

側の他の畑はみな自分で食べる分だけの小さな農家さんのばっかりだそうで
ここも過疎だそうです。

見るからに自然に満ち満ちています!
南イタリアと違って森が豊かで空気がおいしい!


彼がクリスチャン。

20110905-4.jpg

二十歳の時から世界中をバックパックで奥さんのミケーラと旅して回り、
イタリアの故郷ウンブリアの県庁所在地のあるペルージャから少し離れた田舎で
自然農すると決めこの地に移り住んだそうだ。

自分と奥さん二人でゼロから五年前に農業を始めて現在に至る。

クリスチャンが乗っているものは五年前に、
中古(全ての備品が付いて7000ユーロ(約100万円))で購入したそうです。

4ヘクタールの土地でファッロと
豆(ひよこ豆とレンズ豆、白インゲン)と輪作しているそうで、
販売も口コミでいいものを求める人に着実に広めているとのこと。

彼のファッロのほとんどが粒のままそのまま食べるか、
粉に挽いてパンに加工するのがほとんどで

私の依頼でパスタに加工するのは彼の人生上!始めてだそうで、

はにかみながらワクワクしてくれています。

いま、彼のファッロはアサクラパスタの製麺所、
マリオの所に輸送しており着いたら即製麺してもらう段取りです。

全粒粉のセダニーノ(セロリの茎と言う意味)という、

アサクラパスタ初のチャレンジのパスタ型にしてもらいます。

もちろんブロンズ抜きです。

到着が楽しみです!


見学後奥さんのミケーラがファッロのランチ作ってくれました。

40分ほど全粒のままでゆで、
バジリコのジェノベーゼソースであえたものです。

もちもち~
もちろんボーノです!

20110905-5.jpg


今回のイタリアでは新しい生産者(ブルーベリー)との出会いから始まり
オルチョ、アサクラ農園、ポモドリーノの生産者をまわり、
最後にまた新しい生産者(小麦)でしめくくりました。


みなさんに喜んでいただけるものが早く届くよう
私自身もわくわくしています。


ではおまけ写真を2枚。

イタリア最後の朝飯はこれ。
クロッカンティーノ。
(最後まで食べ物ネタ(^^;)

20110905-9.jpg

やっと帰国の途に! 帰りの空港ナウ(イタリア)。
最後のカフェラッテフレッド!

20110905-10.jpg
















スポンサーサイト

All Comments

おかえりー

たくさんの収穫やったね~
朝倉さんのイタリアでの活躍ぶりはもの凄いね(笑)

とにかく、無事の帰国良かった~ おかえりー

URL | 2011/09/06(火) 06:20:33 | ともあき #- | [ 編集]

良い旅でしたね!

大地からの豊かなお恵みのお裾分けをありがとうございます。写真を見ているだけで心が癒され、お腹はグーグー♪ご馳走様でした。そして良い旅でしたね。気お付けて帰国なさってください。

URL | 2011/09/06(火) 10:20:27 | 井上・プロビゴ #- | [ 編集]

無事戻りました!ブログ楽しんでいただけましたか?!
イタリア人にもこのスケジュールを驚かれましたが、私は毎日その日だけに集中し見て、感じて、理解して、考えて、と過ごしてきました。
帰る日前日に、
「あれ~明日の飛行機で帰るんだ!」って言った位です。
いまココ一番!のイタリア滞在でした。
短いようで長い、
長いようで短い充実の2週間でした!

URL | 2011/09/10(土) 02:19:11 | アサクラ #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する