次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-37.html

wii sportsでカルチャーショック

日曜日は家にいない事が多いが今日は久々仕事無しの一日と決め朝は家の片付け、午後は久々に友人宅へ行った。中学からの友人H子の家には育ち盛りの子供が3人いるが家に行ったらなんだかカーテンを締め切って真っ暗。外は真夏のような暑さ、ピーカンの日曜日なのになぜ?合点が行かないまま部屋へ入ると・・・
子供・中学2年と小学3年の兄弟がテレビゲームをしている。
ふ~ん~とこの天気のいいのに室内でテレビゲームか~と内心、しょうもない今時の子供は!と思いながらお茶をご馳走になってH子とぺちゃくちゃと四方山話に夢中になっていると・・・
先ほどの子供たちはまだテレビに夢中だ。しかも2人とも立ちんぼで遊んでいる。なに?と初めてテレビゲームに目を凝らしてみてみたら、
ゴルフの画面だ。私???
更にみているとH子がウィスポーツだよと。
なんじゃそれは~と初めて聞く固有名詞にきょとんとしていると
レーコサン(私は皆にこう呼ばれている)もやってみる?とH子に聞いてみるとなんと室内で色々なスポーツが楽しめるというのだ。
私は学生時代テニス部だったので早速テニスに挑戦。
いや~~~~~びっくり~~~~
H子も子供たちも私のスイングに大笑い。そんなにスイングしなくてもいいんだよといわれてもきたボールにレシーブしようと思うと
大スイングにどうしてもなっちまう!
サーブからレシーブをリモコンを持ち、さもラケットに見立てボールを打つ。
まるで本当にテニスをしているようではないか。
続いて野球にも挑戦。これもまじでバットをスイングする。
またまたH子と子供らはげらげらと大笑い。
しかし本当にバットを振って球を打っているかのよう。
臨場感と実態感がそのスポーツそのもの。
こんな面白いテレビゲーム、世の中にあったのね~とほとほと感心してしまった。
wii sports凄いわ~~私もほし~~~
スポンサーサイト

All Comments

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する