次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/?overture" target="_new
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-373.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサクラオイル 出荷準備完了!

アサクラオイルもいよいよ最終工程。
搾油所でお世話になっている方々を紹介します。

向かって左側は、
搾油でお世話になるジャンニ。
絞り担当。
いつも便宜をはかってもらっています。

右側は
搾油されたオイルの処理係、ファブリッツィオ。
搾油所一のイケメン。

ジャンニ ファブリッツィオ




さて、ここでトラブルが!
なんと瓶詰めの機械が壊れてしまったのです。



男性陣の頑張りで機械は直りました。
しかしここでまたまた次のトラブルが!


修理がやっと終了し、みんなクタクタになりそれぞれ帰って行きました。
私はというと明日朝、瓶詰めの初めからいなければならないため今夜は搾油所の側のホテルに泊まるつもりでいたのです。(いつもは車で一時間かけて帰っています)
すぐ見つかるだろーとタカをくくっていたら、なんと町外れまで行かぬとホテルはないとバールにいたおじさんが教えてくれ……。
しょーがない。てくてく真っ暗な中歩きました。
嫌な予感が……。
やっとそのホテルに着いたら案の定、閉まってる。閉鎖!

ガーン。

搾油所をでて30分はたっています。
しかたなくまた街の方に戻りました。
久々に途方に暮れながらあるいてると明かりが!
なんと赤十字と書いてある看板をみつけたんです!
救急車がたくさん並んでる!
きっと誰かいるに違いない、と思いブザーを鳴らすと可愛らしい女の子がでて来きました。
事情を説明すると電話でB&Bをみつけてくれ、なんと徒歩じゃ大変でしょうと車で送ってくれたんです(涙)

写真の彼女がルーマニア人のモニカちゃん。
久々ヒッチハイクまでしてかなり焦りましたが(もちろん誰も止まりません)
世の中捨てたもんじゃありません。
ど田舎だからこそか。
暖かいお部屋で今夜は寝ることができます。あ~疲れた~

モニカと



そして出来上がりました!
2011年産アサクラオイル。

2011 アサクラオイル


オリーブの運び、そして瓶詰め機の故障修理まで担当する、なくてはならない存在、
もうひとりのジャンニと。

ジャンニと

出来上がった箱詰めされたアサクラオイル。
梱包してるのはガエタノ。
彼もいつもよく働いてくれます。
荷造りが済むと
トラックでリボルノ港へ。

箱詰めされたアサクラオイル


ご存知の方も多いと思いますが
原発の懸念からアサクラ倉庫は四月の時点で、倉庫機能を全て兵庫県に移しております。
この為日本に到着後はアサクラ自身が検品できない為、
今回全ての瓶を私、朝倉が検品し箱詰めしております。

だから疲れたのなんの~(笑)

そして

今日全て終了。みんなと記念撮影。
みなよくやってくれました!
搾油所の人々も爽やかな面々なのです。

搾油所の人々と



収穫の三人、
春の剪定、
夏の草刈りのマリオ、
搾油所の人々(上写真)

多くの人を介してアサクラオイルは完成します。

オリーブフルーツをたくさん実らせてくれる大地、
太陽、
水、

の自然の恵み

そして「人々」

ものづくりの大変さと楽しさと喜び、
一連の流れに全てが盛り込まれています。

いま全てが終わり安堵とともにこれからそれを味わう人々のことを想像してワクワクしています。

アサクラ農園の大地の変化を含め
味や風味以外の何かも含めてお楽しみいただければと思います。


アサクラオイルは12月中旬に日本に到着、兵庫県西宮市の倉庫にダイレクトに届きます。

ご予約された方々はどうぞお楽しみに!

第一次予約とHPには記載しましたがたくさんのご予約を頂きほぼ出来た本数がぴったりなので
残念ながら第二次予約はいたしません。
本当に申し訳ございません。

全国の取り扱い店さんもありますのでそちらからご購入頂けますよう
お願いいたします。
(後日このブログとHPでご紹介します)











スポンサーサイト

All Comments

朝倉さん、生き生き充実していますね~
アサクラoil楽しみです!

URL | 2011/10/25(火) 13:09:22 | ともあき #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。