次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-395.html

シルクフェアー

「国産の良質の繭から作った絹」

以前、絹大国であった日本ですが、安い外国産が主流になっている絹の現状です。
このままでいくと国産繭の絹が絶えてしまう可能性もあります。

京都「塩野屋」さんはそんななか
国産繭の生産、養蚕農家を絶えないように奔走しています。
なんとかこの現状を多くの人にまず「知ってほしい」とわたしは思います。

歴史的にみても日本人と絹・麻は深い関係があり
これが絶えていいのか?

思います。


塩野屋さんは絹織物の代表「きもの」からも脱出して
絹の普及にがんばっておられます。

フェアーのお知らせがきましたので
皆様にもシェアしたいと思います。

お近くの方もそうでない方も、どうぞお出かけになってみてください!

案内は下記の通り

【シルクフェアーを横浜で開催】 
「絹で生活のスタイルを変える」
日常使いのできる純国産シルク製品の世界

日本の絹文化を守るビジネスを展開している㈲織道楽 塩野屋は、2012年2月に神奈川県横浜市のオーガニックショップ「プランツ」で、純国産絹の新しいチャレンジとして製品を展示販売し、体験イベントやセミナー等も行ないます。

イベント参加の申し込みはプランツのHPよりお願いします。
プランツのURL http://www.nh-plants.com/news/entry.php?eid=00107
場所:横浜市営地下鉄センター北駅ノースポートモールB2F
期間中の問合せ先 045-914-7505 & 090-3167-2284携帯服部まで

純国産の繭は、全齢桑葉だけで飼育した高品質です。これを真綿や西陣織やニット編の技術を使い、着物はもちろん下着や肌着や洋服、布団など雑貨商品を創って展開しています。2月10日~19日の会期中は、製品の販売と共に、絹と肌の関係や絹の特徴を熟知しての活用術のセミナー、草木染や裂き織体験教室を企画して、国産絹の必要性と機能性をアピールします。
会場のプランツは自然農法野菜の普及につとめる㈱ナチュラルハーモニー(代表・河名秀郎氏)の基幹店舗です。プランツのイベント売り場で、絹から衣食住を新しく組立てる生活提案を行ない、日本の絹文化の継承発展につなげます。

<本件に関する塩野屋へのお問い合わせ先>
㈲織道楽 塩野屋  代表 服部芳和  e-mail//hanzo@shiono-ya.co.jp
塩野屋のURL http://www.shiono-ya.co.jp HPのイベントコーナーでも紹介中
服部の直接携帯電話番号   090-3167-2284まで

イベントスケジュール
企画    2月10日(金) 商品紹介   売り場で随時接客説明とワークショップ
       2月11日(土) 体験教室   手織体験教室(裂き織でオリジナルコースター)
       2月12日(日) 体験教室   手織体験教室(裂き織でオリジナルコースター)
           対談セミナー 絹で住まいを新しくできる  磯崎×服部  
      2月13日(月) 商品紹介   売り場で随時接客説明とワークショップ
       2月14日(火) 商品紹介   売り場で随時接客説明とワークショップ
      2月15日(水) 商品紹介   塩野屋の初心者きもの塾
      2月16日(木) 商品紹介   売り場で随時接客説明とワークショップ
      2月17日(金) 体験セミナー 絹を台所で草木染ブレンド染色
      2月18日(土) 対談セミナー 衣食同源   河名×服部
      2月19日(日) セミナー   大久保信子先生の着物の事典レッスン

ワークショップは塩野屋の絹の裂を使った下の小物を製作
随時会場で参加受け付け致します



スポンサーサイト

All Comments

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する