次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/?overture" target="_new
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-417.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏に思う(9月号オルチョ通信から)

今年はじめに『あなたは今年厄年』と言われ、やっぱり・・・とも思う今日この頃。


そう思わせるような出来事が仕事がらみで次々と起こっています。

まずオルチョの漏れについて。

もちろん全部ではないのですが
一部ビンとフタの注ぎ口のサイズが微妙にあっていないようで
間からじわじわと染み出るものがあります。

十二年オルチョを扱い、はじめての経験。
漏れでご迷惑をおかけしたお客様、販売店様には申し訳ございません。

生産者ジョバンナとやり取りをしていますが
解決が簡単にはいかないようで只今まだ調査中です。

そしてしばらくしてパスタ。

品切れだったファッロ小麦とカムット小麦のそれぞれのスパゲッティが入荷しました。
それがラベルの貼り間違い(カムットにファッロが貼られている)

そしてファッロ小麦のスパゲッティの色がいつもと違う。
いつもより明るい色、なのです、七分搗きのカムット粉のように見えるのです。

すぐさま製麺所に電話しどういうこと?間違いなくファッロだと言い張る製麺所のマリオ社長。

食べてみればわかる、と言われ
すぐゆでてみると社長の言うとおりファッロ小麦であった。

農産品である小麦がこのようにも出来が変わるのかと、
パスタ販売をはじめ5年以上たち改めて認識しました。

いつも召し上がっていただいている方は色の差異にお気づきでしたか?

こんなことも含めてロットにより変わる色やその他の微妙な変化を
楽しんでいただければと思います(苦笑)。

それが解決しほっとする間もなく三つめ、

チェリートマトの水煮『丘ポモ』のフタのキズ。

これは9月号通信・表面とHP上でもセール中としておりますが、
今までに見たことの無いフタの横側面に傷があります。

これは購入者からクレームも考えられるキズで
もちろん生産者アントニオに問い合わせあれこれ折衝していますが
今だ正確な回答なし。二千個が届いておりキズの件を告知し値引きして販売しています。

ジャムのラディーチのブルーベリーの瓶にもキズのようなものをいくつか発見。

トラブルが一挙に押し寄せました。


いずれにしても中身には問題はありませんのでまずはご安心下さい。

しかし、次から次へと届く商品にトラブルがありその対応に追われて一日が終わる、
という感じです。

ラディーチのジャムやジュースに関しては輸入の上で他の商品とは格段に厳しい検査があり、
事前検査は出来ない為、港に着いたものがダメとなると全て廃棄しなければなりません。

ジャム・ジュース輸入を始め市場調査をしていますが
イタリア産の小メーカーの手作りのものはほとんど見つけることが出来ません。

輸入後のこうしたトラブル、小メーカーとのやり取りは、
日本のニーズに合わせるには、途方もなく手間がかかりリスクがあります。

立て続けのトラブルにげんなりしているのが正直なところです。

『一体だれがこんな面倒くさいことやるんだ!』と本気で今回思いました。

翻すと小ぎれいな舶来品は日本に無数にありますが
大メーカーは日本対応バッチリで出来る、大資本が大前提である、

とつくづく思いました。

アサクラの取引のメーカーは全て家内手工業です。
ピュアな原材料でもちろん添加物など余計なものは使用せず
出来るだけ材料に負荷をかけない手作りの品です。

トラブル時は腹も立ちますがやはりわたしは本物が食べたい。

本物を提供したい。

完璧は無理ですがそれでもOKと皆さんに納得していただく為に
わたしはやはり講習会やHPで食べることの大切さを発信しなければと思います。


ご理解いただけるようこれからも精進いたします。


どうぞよろしくお付き合いいただければありがたいです。




スポンサーサイト

All Comments

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。