次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/?overture" target="_new
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-457.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014夏イタリア 丘ポモの産地へ

7月末から8月初旬まで、イタリアの生産者のところをまわってきました。
今回もいい出会いがいっぱりありました!

FBではリアルタイムでお伝えしてきましたが、
ブログでも報告いたします。

最初に行ったのは、春から欠品でご迷惑をおかけしていましたが、
今月入荷したばかりの丘の上のポモドリーノの生産者、アントニオのところです。

生産者アントニオは
46才、15年以上前から、
過疎のこの地を
オーガニックの村に、と
村の生産者に声をかけ、
少しずつオーガニックの土地を広げてきた
ガッツのある男です。

特産のチェリートマトを独自製法で作った
丘の上のポモドリーノは
アサクラの大人気アイテムです。

前回入荷の焦げの混入の話し合いではるばる〜行ってきました。

話し合いも予想以上に充実、
さらにアントニオ、
がんばってくれそうです!

タイタニック

向こう側、緑部分がポモドリーノ。
麦の収穫が終わったばかり、
麦藁にのってタイタニック風。
風が乾いていて清々しい〜

丘ポモの畑

これが丘ポモ。
第一花芽のトマトの実。
第三花芽の実まで収穫します。
9月一ヶ月間のみ。

畑全容

向こう側は収穫終わったばかりの小麦。
アントニオはこの小麦でパンに加工し販売もしています。
パンはもちろん天然酵母です。

丘ポモの畑その1

日本分ポモドリーノ畑!広〜い!

丘ポモの畑その2

大地は火山灰地帯。
このように岩石がゴロゴロ、水はけに役立ちます。

火山灰地

なんと、畑から天然ガスが!
火山灰地の証拠。
ただし危険度は低いそうです。

ガマ

雨が多く所々湿地帯が。
立派なガマが生息!

キヌアの看板

アントニオ、新しい試み。
小麦アレルギーの為のキヌア栽培テスト。
キヌアの産地にしたいんだそうです。


アントニオ夫婦と

アントニオと妻ジェラルディーナとても仲が良い。

彼はやりたいことやり、ナイスフォローは賢い妻、彼女のお、か、げ。

農家民宿

それから、アントニオ、B&Bもはじめました!
https://www.facebook.com/agriturismo.iltorchio
たった4ベッド^_^;

自分らで古い家をリフォーム、何から何まで自分らでやっちゃう。

砂糖、乳製品、以外はほぼ自給自足。
すごいよ、生きる力!
人間はすごいなあ、とアントニオに会うといつも思います。

ベッド

ジェラルディーナの料理の数々。

ラビオリ

ラビオリ。
ソースはパッサータとオリーブオイルでシンプルに。

ズッキーニのパルジェミーナ

ズッキーニのパルジェミーナ。
通常は茄子でやりますが
自家栽培のズッキーニで。
ベシャメルソースとの層、これはやってみたい一品!

うさぎ

この日の為につぶしてくれた自家のウサギ。
シンプルにオーブン焼き。

キヌアのビスケット

キヌアのビスケット。
おいしいよ!
秋のツアーの人は食べれる、購入できるよ!たぶん〜

ズッキーニのグリル

ズッキーニのグリル。
ん〜
こういう超シンプルが嬉しい〜
美味〜

カッサータ

ベネベント1800年から創業の老舗有名菓子屋のカッサータ!
大好物〜

秋のツアーではアントニオの所に来ていますが、
夏のツアーだと雰囲気はまた違うので、これもまたいいかなとも思いました。
考えてみます。


2014夏イタリアの記事はこちら
2014夏イタリア アマルフィ 稀少な調味料ガルム
・ラディーチ訪問
・クリスチャンのファッロ畑
・アサクラ農園
・アックサンタ! 来年はぜひ!


























スポンサーサイト

All Comments

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。