次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-463.html

2014夏イタリア アサクラ農園

アサクラ農園です!

晴れたり曇ったり、
午前中の内だけでもコロコロ変わる天気。

オリーブ、健気に育っています!

アサクラ農園は
アブルッツォのパスタ工房から車で一時間、
内陸の山の上にあります。

下草を秋の収穫前一回だけ
かりとるだけで

後はそのまま、
生えるに任せています。

雨が強く降ったようで
暑さで乾燥した下草が
雨になぎ倒されています。

アサクラ農園(4)

除草剤でも撒いたかのよう。
下草乾燥後の雨で倒伏してます。

しかし、
数日、長袖がいるほど涼しい、夜は寒いくらいだろうから、
天然の毛布を敷いたように土の保温になるはず。
ここは、自然の仕組みが健全に回ってるのがわかります!

アサクラ農園(3)

なぎ倒された草の丈は
そう長くなくなり五年以上経ちますが

なぎ倒された下草の太さ加減、なぎ倒されてるから
その太さががっしりとしてるのがよくわります。

下草が伸びたら通常刈り込む普通のオリーブ畑とは
全く違う様子

ある意味へんなオリーブ畑です。

アサクラ農園(2)


アサクラ農園(1)


しかし
これこそ、木を暑さ寒さから守り、

根が下にがっしりと伸び
水はけがよく
土表面の保湿を保ちます。

常識では
いつも短く下草を刈り込むのですが

しかし、
常識がいつも正しいとは限らない。

アサクラ農園では
常識と反対を実行、

そしてその良さを確信し継続しています。
そのおかげ、

土はふかふかに変化
虫や植物の生態系も豊富

真隣りのよそ様の畑との差がはっきりくっきり。

面白いほどの違いを
見せてくれています。

9年目のアサクラオイルの土とオリーブの木、

またまた
進化しているのを感じます。

10月の収穫までもう少し、
オリーブよ、
すくすく育ってね❤️







2014夏イタリア記事
・丘ポモ産地
・アマルフィ 稀少な調味料ガルム
・ラディーチ訪問
・クリスチャンのファッロ畑
・アックアサンタ! 来年はぜひ!









スポンサーサイト

All Comments

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する