次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/?overture" target="_new
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-472.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丘の上のポモドリーノ 価格・ラベルが変わります!

新年明けましておめでとうございます。
どうぞ今年もよろしくお願い致します!


さて、品切れでいろいろご迷惑をおかけしています。

●オルチョ大瓶(2月上旬入荷予定)
●カムット小麦スパゲッティ(1.8㎜)(3月)
●丘の上のポモドリーノ(もうすぐ)

以上欠品中の入荷予定です。

その他、

限定品のアンチョビや小麦やチェチなど続々と入荷予定の1月ですが
一足早く丘の上のポモドリーノが入荷予定です。

略して丘ポモと呼んで
ご愛用者も多数。

今までにないトマト水煮とご愛用者、ファンも大勢!
ありがたいことでございます。


生産者と何度も話し合い、
より良い丘ポモにしてくため、


昨年2014産から、

アサクラオリジナルに作ってもらうことになりました。
オリジナルというのは、

特においしいトマトを選りすぐり、さらに加工も特別態勢で
作ってもらうんです。

ラベルも一新!
このような姿に~~


20サイズ


ラベル上に描かれたデザインは
生産者アントニオの営む農家レストランのシンボルマーク

“トルキオ”

これは昔使用していたワイン用ブドウの搾汁器。
昔といっても戦後すぐぐらいまではこのアンティークなシンプル搾汁器で

ブドウを絞ってたんですって。


彼の農家民宿には
このトルキオそのものがオブジェとして庭に置いてあります。
これを新たな丘ポモのシンボルとしてラベルに。


どうぞ、よろしくお願いします!


あ、それと日本語で「丘の上のポモドリーノ」とも記載され(小さくですが)
よりわかりやすくなりました。

念のため、丘ポモとは。
知らない方のために。


生産者アントニオの住むイタリアカンパーニャ州モンテカルボという小さな小さな村にて、
イタリアの内陸に位置するこの辺りは

全て丘陵地で平地がまったくありません。


太陽がいっぱい当たる丘の斜面を利用して
在来種のチェリートマトを栽培しています。


このチェリートマトを使い水煮にし、
ピュレにミニトマトがたっぷり入った


丘の上のポモドリーノが出来上がります。


●トマトソースに
●トマトの皮も入っているため出汁がよくでるので煮込みに
またそのまま
●生の状態でも

いろいろに工夫し、使い勝手が抜群です。


しかし~~大変、申し訳ございませんが、
お値段ですが!

決済時の為替レート、輸送船賃の都合上、価格の変更をさせていただきます。


新価格は税込み

785円となります。

ご理解いただきますようお願いいたします!

さあ、新ものの丘ポモ!
お楽しみにしていてください!


発送は1月下旬からの予定です。




スポンサーサイト

All Comments

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。