次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-75.html

2008年7月16日(水)イタリア報告③アサクラ農園

イタリア報告の続き。

草ぼうぼうと生える畑に入ってみると・・・
気になるオリーブの木たち。

花は6月の始めに終わっており、写真でその見事な咲きっぷりは脳裏に焼き付いていたが・・・

penne fiori-1

これがその写真(6月初旬)
枝の葉っぱとの間に黄色っぽものが密集してるのが見えるかな~
これがオリーブの、この地の在来種‘ディリッタ‘のです。
この写真は仲間のイタリア人に撮影し送ってもらったもの。


さてこの花がどうなったかというと・・・・


080716-2.jpg

青空に浮き上がってるのをよくみると
オリーブの小さい実が見える

まだ直径5-6mmのあかんぼうの果実
なかなかよい実の付きだ!

急いで他の木も見てみるとOKOK.
ただ、春に大剪定(大幅に枝を落とした)したものに関しては実がほとんどないが
去年のようなほとんどの木に実がない!という状況ではない。

冬の間、そして5-6月比較的雨の多いシーズンに
たっぷり雨が降ってくれたお陰だ。

う~ん。なんでもそうだが木に実がたわわについている姿というのは本当にほほえましい。
私が着いた日の三日前から夏が始まったと皆に言われているが

この暑さもオリーブにとってはGOOD.
よい天候が維持できるよう祈るのみなのだ。

次回に続く
スポンサーサイト

All Comments

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する