次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/?overture" target="_new
この記事のURI : http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-77.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月27日(日)イタリア報告④シシリー

さて今回のイタリア訪問の大目的は新しい取り扱い品目検討のため生産者に会う旅、
3件の生産者は全てシシリーの人たちです。いや、そのうち一軒はパレルモ(シシリーの州都)から
また飛行機で30分ばかり更に南西に下った小さな島の生産者。

10年ぶりにシシリーの足を踏む旅はとても楽しみでした。
なんてったって~シシリーは食べものがうまい!

名物料理もたくさんあるのですが
今回はもう超過密スケジュールでうまいもんめぐりは全く出来なかったが
所々で久々名物を食べたり見かけたりした。

下はシシリーの一番の名物かも、アランチーニの変形版スープリ(suppli)といいます。
080727-1.jpg

ご飯のコロッケなのですが中にモッツァレッラチーズや挽肉が中心部に入っており
まるでおにぎりのようです。これを揚げてあるのですが

今回はタオルミナに夜行で早朝に着いてあまり早いので
バールで一休みと思ったらこれが置いてあったので早速一個食べました。

多分揚げ油はラードでしょう。
かなり濃厚な揚げ物で食べ応えがあります。
一個で十分~~~~
私のは中に挽肉が入ってた。
ミートソース味の挽肉が中心に入っており
ご飯もうっすらトマトご飯。

シシリーといえばお菓子も有名なものが一杯ある
代表的なのはこれ
080727-2.jpg

これは空港のバールの冷蔵ショーケースの上から取った写真なので
イマイチ薄暗くわかりにくいが
左がカンノーリ(cannoli)  カンノーリとは‘管‘というイタリア語の変形で
まさに‘管‘‘チューブ‘(固焼き瓦せんべいみたいなやつ)の中にリコッタチーズ(特産)や砂糖漬けの果物が入ったお菓子。

こういう発想はなかなか・・・

右側がカッサータ(cassata)といってやはりリコッタチーズで出来たお菓子。
周りはピスタチオ(これも特産)で色付けしたアーモンドのマジパンが重ねてある。


いやいや~どちらも写真だけ。
私はこれらの菓子はどうも苦手。
なんてったって作り方を知ってるから~
みたことあるから~

リコッタチーズ(これは脂肪分の少ない豆腐のようなチーズ・カッテージチーズと同じ類)に
ほぼ同量の砂糖が入るのが普通のレシピ。

あれ見ただけでぞ~~~~っつ
とてもとても口に出来ない。

甘味が強すぎてリコッタの旨みが消えてる。

シシリーはものすごく暑いところなのでやはりドルチェが相当甘い。
そうそうアーモンドも特産でアーモンドを使ったお菓子も一杯ある。
写真は撮った筈がなくなってる~

フルーツをかたどったマジパンのお菓子。
これもめっちゃ甘いのよ~

しかしイタリア人は喜んで食べる。
空港の菓子売り場では並んでみなお土産用に買い物してたっけ。


スポンサーサイト

All Comments

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。